中原区版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

小杉駅北口 歩行デッキ整備へ 市、まちづくり案示す

社会

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は先月末、「小杉駅北口駅前まちづくり方針」案を示した。駅前広場の再編整備を周辺の民間の土地開発と連携して行うとし、ペデストリアンデッキの整備を明記。市コンベンションホールのデッキへつなげ、「快適に歩いて暮らせるコンパクトなまち」を目指す。

 整備の対象区域は、武蔵小杉駅北口駅前広場から、コインパーキングとして利用されているホテルザ・エルシィ跡地と旧NECビルまでを含む約1・5ha。魅力ある駅前にするため、小杉ビルを含めた民間敷地の開発と連携し、バスロータリーの拡充や自動車と歩行者の安全な通行環境を確保する。このほか、イベント等を行える広場を公開空地として確保することや歩道橋のバリアフリー化、災害時の帰宅困難者が駅から溢れてしまった場合の滞留スペースの拡充なども盛り込んだ。現在駅前広場では利用者増加に伴い、バス待機者の長蛇の列や等々力緑地への臨時バス運行時に乗場スペースがないことなどが指摘されている。

 市担当者によると、今年7月頃に方針を決定し2、3年後に具体的な計画を発表。着工から概ね10年間で完成する予定。

 北口駅前の商店街・小杉北一番街の斎木貴会長はデッキについて「歩道橋が大きくなるだけでは魅力的でない。ニューヨークのハイラインパークのように、人と街をつなぐ、緑豊かな空中庭園のような遊歩道を目指したい」と話している。

中原区版のトップニュース最新6

感染者増、第2波阻止へ

市内コロナ

感染者増、第2波阻止へ 社会

研究所「PCR拡充も一因」

7月10日号

2年連続中止へ

中原区民祭

2年連続中止へ 社会

コロナ受け、安全面を考慮

7月10日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

タワマンへ情報電子板

小杉駅前エリマネ

タワマンへ情報電子板 社会

目標13棟「有益な地域情報を」

7月3日号

収蔵品搬出、完了へ

市民ミュージアム

収蔵品搬出、完了へ 社会

3カ月遅れも開館は未定

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多摩川をカヌーで渡ろう

多摩川をカヌーで渡ろう

8月2日 参加者募集中

8月2日~8月2日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク