中原区版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

川崎市剣道連盟の第9代会長に就任した 小山 則夫さん 私立桐光学園教諭 62歳

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena

剣で学び、高みを求め

 ○…小4で剣道を始め指導者となり約40年。「剣道を学ぶのではなく剣道で学ぶんだ」――。礼儀を重んじ、相手を尊重し、声を出して精神でぶつかり合う。人生のあらゆることに通ずる奥深さを、生徒だけでなく一般の剣士とも共有していきたい思いだ。「お互い前進できるような稽古をしていけたら」と穏やかな表情を見せる。

 ○…「若い頃は試合に勝てばいいと生徒にムチ打って指導していた」。そんな考えが変わったのは、8段審査に挑んだ時。最年少の46歳で上り詰めたものの、「合格率1%」の壁は想像以上に高く幾度も阻まれた。「剣道とは何か。一生かけても分からないのでは」。そう感じ始めた50歳で念願の合格を果たしたが、喜びと同時に新たなスタートラインに立った心境だった。「もっと勉強しろと言われているような気がして」。謙虚な姿勢で、無限の高みを求め、今も前を向く。

 ○…長野県飯山市生まれ。少年時代の思い出は近所の仲間との外遊び。「体が大きい上級生によく『鬼』にさせられて、夕方になると置いてけぼり。いつかやっつけてやろうと思って」。そんな理由で始めた剣道だったが、高校で県優勝しインターハイに出場。国士舘大学を経て、桐光学園の教員に。今や教え子は多方面で活躍。「振り返ると生徒最優先でやってきた。3人子育てしながら寛大に見守ってくれた妻には頭が上がらないね」

 ○…全国や県の連盟でも高段者の指導や大会運営などを行ってきたが、今年は軒並み中止に。それでも必要に迫られ始めたオンライン交流が安らぎの一つ。「仲間と飲んでいると数百円のビールも数万円に感じる」。いつも堪えない相手への感謝の念。「剣道をやらせてもらい今がある。その恩返しをしていきたい」

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

時田 正枝さん

木月こどもキッチンの代表で、「オズみんなの食堂」の運営に携わった 食を軸に出会い紡ぐ

時田 正枝さん

木月在住 55歳

10月8日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月1日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

光武(みつたけ) 勉さん

区内を拠点に、ハンドボールの普及に努める

光武(みつたけ) 勉さん

上小田中在勤 41歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook