神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2020年7月31日 エリアトップへ

少林寺拳法川崎西道院 「人づくり」の稽古、40年 280人の拳士を育成

スポーツ

公開:2020年7月31日

  • X
  • LINE
  • hatena
ホテル精養軒で行われた40周年パーティー(今年2月)
ホテル精養軒で行われた40周年パーティー(今年2月)

 大戸神社境内の大戸会館で少林寺拳法を教えている川崎西道院が今年、設立から40年を迎えた。少林寺の「人づくり」の教えを実践しつづけ、これまで大戸小や井田小、下小田中小などの児童らおよそ280人の拳士を育成してきた。

 同院は1980年に設立され、現在は7歳から63歳までの35人の拳士が所属。毎週、大戸会館と井田神社の井田共和会館で老若男女が稽古に励む。昨年は、西中原中学校の夜間学級の授業として、日本語が不自由な外国にルーツがある生徒らに少林寺拳法の体験授業を行った。世界大会や全国大会に出場する実力者も輩出しており、今年も大会出場へ意気込んでいたが新型コロナの影響で中止に。せめて地元で拳士たちの勇姿を見てもらいたいと、保護者らに道場を参観してもらう企画を考えている。

 3代目道院長の中川貴司さんは「川崎西道院では、年齢に関係なく組手を組む。稽古を通して自信をつけて、誰とでもつながっていける人に成長してほしい。これからも地域に根差して大戸から少林寺拳法の教えを広めてきたい」と話す。

 少林寺拳法は、1947年に香川県で始まった日本の武道。「人づくりの行」という教えを掲げ、勝敗ではなく、技術を学び勇気や思いやり、自信と正義感を身につけることを重視。2人組で演武を披露し、その正確さや速さで順位を競う。

道院長の中川貴司さん
道院長の中川貴司さん

中原区版のトップニュース最新6

「木製遊具」に感謝状

平間小PTA

「木製遊具」に感謝状

市、木材利用促進を評価 

7月19日

高井選手「金目指す」

川崎フロンターレ

高井選手「金目指す」

パリ五輪サッカー代表に

7月19日

「二ヶ領用水」市長と清掃

東住吉小5年生

「二ヶ領用水」市長と清掃

未来に残す、意見交換も

7月12日

熱中症予防に「ちょこ涼」

熱中症予防に「ちょこ涼」

市内194施設を開放

7月12日

100年 オール川崎で祝賀

100年 オール川崎で祝賀

「飛躍祭」 音、食、スポーツに沸く

7月5日

哺乳器を回収、再資源化

ベビー用品関連企業

哺乳器を回収、再資源化

小杉で啓発イベント

7月5日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook