中原区版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

少林寺拳法川崎西道院 「人づくり」の稽古、40年 280人の拳士を育成

スポーツ

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena
ホテル精養軒で行われた40周年パーティー(今年2月)
ホテル精養軒で行われた40周年パーティー(今年2月)

 大戸神社境内の大戸会館で少林寺拳法を教えている川崎西道院が今年、設立から40年を迎えた。少林寺の「人づくり」の教えを実践しつづけ、これまで大戸小や井田小、下小田中小などの児童らおよそ280人の拳士を育成してきた。

 同院は1980年に設立され、現在は7歳から63歳までの35人の拳士が所属。毎週、大戸会館と井田神社の井田共和会館で老若男女が稽古に励む。昨年は、西中原中学校の夜間学級の授業として、日本語が不自由な外国にルーツがある生徒らに少林寺拳法の体験授業を行った。世界大会や全国大会に出場する実力者も輩出しており、今年も大会出場へ意気込んでいたが新型コロナの影響で中止に。せめて地元で拳士たちの勇姿を見てもらいたいと、保護者らに道場を参観してもらう企画を考えている。

 3代目道院長の中川貴司さんは「川崎西道院では、年齢に関係なく組手を組む。稽古を通して自信をつけて、誰とでもつながっていける人に成長してほしい。これからも地域に根差して大戸から少林寺拳法の教えを広めてきたい」と話す。

 少林寺拳法は、1947年に香川県で始まった日本の武道。「人づくりの行」という教えを掲げ、勝敗ではなく、技術を学び勇気や思いやり、自信と正義感を身につけることを重視。2人組で演武を披露し、その正確さや速さで順位を競う。

道院長の中川貴司さん
道院長の中川貴司さん

中原区版のトップニュース最新6

被災記録、動画で公開

川崎市市民ミュージアム

被災記録、動画で公開 文化

文化財の防災 考える機会に

1月22日号

防災対策望む声 6割

中原区民アンケート

防災対策望む声 6割 社会

「住み続けたい」意向は強く

1月22日号

平間小が 「特別賞」

SDGsアワード

平間小が 「特別賞」 社会

全国3校目、地域活動に評価

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 社会

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

「新化(しんか)」のまちづくりを

「新化(しんか)」のまちづくりを 社会

永山区長、2021年を語る

1月8日号

児童自ら「安全マップ」

井田共和会第4町会

児童自ら「安全マップ」 社会

登戸の事件受け、区と連携

1月8日号

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク