中原区版 掲載号:2021年1月29日号 エリアトップへ

中原歩こう会 区内巡る散策マップ発行 「コロナ下の運動不足解消に」

コミュニティ社会

掲載号:2021年1月29日号

  • LINE
  • hatena
マップを紹介する石井部長
マップを紹介する石井部長

 健康増進や友人作りを目的に活動する「中原歩こう会」が今月、個人のウオーキングに役立ててほしいと中原区内を巡るコースを紹介する散策マップを発行した。区地域振興課の担当者は「コロナ下の外出自粛で、高齢者の運動不足が心配。マップを参考にして近場を歩くなど、体力の向上を心がけてもらえたら」と話す。

 コースは武蔵中原駅を出発し、ゴールは区役所。等々力緑地や寺院、武蔵小杉駅周辺の都市開発が進むエリアなどを経由する。「初心者でも歩きやすく、飽きないように区内のスポットを巡ることのできるコースにしたい」と同会メンバーらで話し合いを重ねて決めた。マップには「歩くいず」と題して、スポットの名称を用いた問題も掲載しており、同会推進部の石井誠二部長は「利用者に楽しんでもらうため各所に工夫を凝らした。8キロほどの長いコースなので一気に回ろうとせず、自分の体力を考慮して無理のない範囲で歩いてほしい」と話す。

 同会は区スポーツ推進委員会の活動で1972年にスタート。現在は月に一度、川崎市や東京都、横浜市などの5キロほどの道のりを約2時間かけて歩く。参加資格はなく、小学校低学年から高齢者まで毎回100人から150人がウオーキングを楽しむ。コースは「常連の参加者もいつも新鮮な気持ちで楽しめるように」と毎回異なるものを設定。メンバーらで話し合いや下見を重ね、個人ではなかなか行かない「隠れた名所」を探しながらも、車通りの多さなど危険な場所に目を光らせ、安全に楽しめるコースを熟考しているという。

 新型コロナの影響で昨年3月から活動を休止しているが、今年4月に再開する予定。石井部長は「参加者から再開を待ち望む声が上がっており、自分自身も歩く頻度が減って運動不足。感染に気を付けて、参加できる人だけでも来てもらえたら」と話す。

 マップは区役所など区内公共施設等で配布している。問い合わせは区地域振興課 地域スポーツ推進担当【電話】044・744・3323。
 

中原区版のトップニュース最新6

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

性暴力根絶へ 地元から

フラワーデモ川崎

性暴力根絶へ 地元から 社会

市内初、「ともに寄り添う」

3月26日号

市内で減少 コロナ影響か

運転免許自主返納

市内で減少 コロナ影響か 社会

75歳以上は顕著

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク