中原区版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

市政レポートNo.130 平間駅に「臨時改札」追加検討へ みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena

 先月29日、所属する総務委員会にて、今年度中に予定されていたJR南武線連続立体交差事業の都市計画決定を当局が「見送る」と報告。説明によると、コロナ禍による財政事情に加え、新たな生活様式に伴う市民の行動変容等、社会経済状況の変化が本事業に与える影響を明確に判断できない事。また、事業費縮減・工期短縮等、詳細検討の時間確保などを理由に挙げ、今後、それら必要な検討を実施した上で、来年度策定する市総合計画第3期実施計画にて、検討結果を明らかにするとしています。現状、庁内検討委員会内では、都市計画決定時期を令和4年度か5年度に記載する事も示唆され、最低でも2年間、事業が先送られた格好です。

 本事業の進捗は、踏切を除去し交通の円滑化、通行者の安全性向上、緊急輸送道路などの機能強化を図り、沿線まちづくりや高架下利用による回遊性向上・賑わい創出等の効果も期待される一方、何よりそこで暮らす沿線地権者の生活設計等にも多大な影響を及ぼす事から、市民の高い関心が寄せられています。とりわけ、「平間駅前踏切」と通学児童が利用する「向河原駅前踏切」の安全対策については、喫緊の課題として、我が会派や区選出市議団の市長要望に盛り込むなど超党派で改善を求めて来た経緯があり、今回の見送りへの対応として前者に対し「早急に実施できる暫定対策を検討する」と示された所です。

 この委員会質疑では、事業進捗に対して国から「コロナ禍の状況でも進める価値がある」と重要性が強調された発言やJR東日本も前向きとする庁内会議の議事録を指摘し、唯一見送りを決めた市の姿勢を批判。市民に対する丁寧な説明が不可欠とした上で、市民理解の醸成には、具体的な安全対策を併せて周知徹底するよう求めました。また、暫定として検討される具体案の進捗状況を問うと「関係局と一般的な横断歩道橋や地下道等の手法を共有した」程度である旨、回答した為、現況や費用対効果、完成工期を踏まえ、鉄道及び商店街等周辺事業者に考慮し、時間帯を限定した平間駅への『臨時改札設置』と向河原駅への『賢い踏切導入』による踏切遮断時間の短縮を提案。検討項目に追加される事となりました。その後も実現に向けた財政局に対する要望とヒアリングを実施。施策の提案者として、これからも市の取り組み姿勢を注視し追及を続けて参ります。

市議・押本吉司

http://www.oshimoto.info/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

JR南武線連続立体交差事業【3】大規模投資再検討。市民を置き去りにする「検討」か!?

市政報告vol.69

JR南武線連続立体交差事業【3】大規模投資再検討。市民を置き去りにする「検討」か!?

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

2月12日号

平間駅に「臨時改札」追加検討へ

市政レポートNo.130

平間駅に「臨時改札」追加検討へ

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

2月12日号

新型コロナウイルスワクチン接種に向け

市政レポートNo.101

新型コロナウイルスワクチン接種に向け

健康福祉委員会委員長 原 典之

2月5日号

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

市政報告vol.68

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月8日号

罹災証明書の出張申請を可に。令和元年東日本台風を教訓に。

市政報告vol.67

罹災証明書の出張申請を可に。令和元年東日本台風を教訓に。

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月1日号

「住み続けたい街へ」

市政報告

「住み続けたい街へ」

公明党川崎市議団 川島 まさひろ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク