中原区版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

中原区内 「空き巣」の増加続く 県内では、ほぼ半減も

社会

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

 中原区内で空き巣被害が増加している。昨年1年間は、前年比8件増の32件。今年もすでに、7件(前年比1件増)が報告されている。外出自粛によるテレワークの普及で在宅率が高くなり、神奈川県内での空き巣被害は半減。一方で、中原区では増加傾向が続いていることから、中原警察署は注意を呼びかけている。

 中原署によると、昨年は1、2月に集中的に発生し、8月以降に再び毎月2〜4件の被害が報告された。今年は1月に2件、2月には5件発生(26日時点)。増加の要因について中原署の担当者は、「たまたま空き巣犯に中原区が狙われた」と話す。

 一方、神奈川県内でみると、昨年1年間の空き巣発生件数は、前年比674件減の744件と半数近く減少。新型コロナが流行し始めた昨年3月から激減した。今年も1月末時点で53件(前年比87件減)と減少傾向は続く。中原署は、外出自粛でテレワークが普及したことで在宅時間が長くなったことが、減少の主な要因とみている。

施錠しても「侵入」

 今年、中原区内で発生した空き巣の手口は、窓ガラスを割られたケースが5件、玄関ドアの解錠が2件。中原署の担当者は「窓から侵入することが多く、しっかり戸締りをしていても被害に遭ってしまう」と話す。自宅の防犯対策として、割れにくい防犯ガラスや人感センサーの導入を挙げる。長期間自宅を不在にする場合は、雨戸を閉めることも対策になるという。中原署のウェブサイトにも、毎月の発生状況や防犯対策がまとめられている。
 

中原区版のトップニュース最新6

対等な学び重ね 100回

こすぎの大学

対等な学び重ね 100回 社会

地域の仲間づくりを促進

4月16日号

開かずの踏切、改善へ一歩

平間駅

開かずの踏切、改善へ一歩 社会

JR 新たな制御装置導入

4月16日号

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter