中原区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

5台目の移動採血バスを先月、県赤十字に寄贈した(株)織戸組の代表を務める 織戸 一郎さん 田尻町在勤 66歳

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena

「献血」で受け継ぐ奉仕の心

 ○…半世紀にわたり献血活動に尽力する(株)織戸組。先月、県赤十字に5台目の移動採血バスを寄贈した。活動を始めたのは創業者の祖父で、交通事故が多発し献血の重要性を感じたことがきっかけ。先代の思いを継ぎ、自身の代では年に一度の集団献血を開始した。難病の子を持つ親が来社し、「いつも子どもが輸血で助けられています」と感謝の思いを伝えられたことも。「献血の重要性と活動の価値を再認識した。何十年先も協力できる会社でありたい」と誓う。

 ○…砕石業などを手掛ける同社の社長に就任して12年。山を切り崩す事業に対し「自然破壊だ」との批判に、環境問題への意識を高め、跡地での太陽光発電事業を開始。「土地の有効活用は、環境にも優しいし会社の利益にもなる。地域貢献を続けるためにも業績は上げないと」と意気込む。同じ経営者として祖父を尊敬し「遊び心に富んだ人。真面目ばっかりじゃ成功できないと学んだ」と背中を追う。

 ○…平間で生まれ育つ。幼い頃は平間銀座商店街で月に3回行われていた縁日が好きで足しげく通った。「昔に比べて寂しくなった商店街だけど、愛着は変わらない。穏やかで良いところだよ」と微笑む。4人の孫はよく遊びに来るが「子守りは2時間が限界。元気が良すぎてついていけないよ」と苦笑い。

 ○…集団献血時には、地元の飲食店から弁当を購入し協力者に配布するなど、地域貢献にも抜かりがない。一昨年からは地域住民の協力者が増え、地元との結びつきが強くなったと喜ぶ。目標は高校で集団献血を実施すること。「献血は気軽にできる社会貢献。若いうちから参加して、立派な社会人への一歩にしてほしい」と未来に思いを込める。

無料で資格!川崎で介護スタート

無料で資格を取得して川崎市内で介護スタッフとして働きませんか?

http://kawasaki-kaigo.com/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

萩原 勲雄さん

江川せせらぎ遊歩道沿いに、6年ぶりに鯉のぼりを掲げた

萩原 勲雄さん

高津区在住 76歳

5月7日号

立野 公彦さん

川崎商工会議所中原支所長に、4月1日付で就任した

立野 公彦さん

横浜市在住 56歳

4月30日号

三上 能樹(よしき)さん

中原消防団の団長に4月1日付で就任した

三上 能樹(よしき)さん

木月在住 68歳

4月23日号

川島 邦博さん

協同組合武蔵小杉商店街の理事長に就任した

川島 邦博さん

市ノ坪在住 71歳

4月16日号

石川 雄大さん

アイスホッケーチーム「東京アイスバーンズ」の主将で、北京冬季パラ五輪への出場をめざす

石川 雄大さん

多摩区在住 23歳

4月9日号

川連 昌久さん

3月末に解散した「自転車と共生するまちづくり委員会」の代表を務めた

川連 昌久さん

新丸子東在住 83歳

4月2日号

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter