中原区版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

自共生 18年の活動に幕 放置自転車改善で功績

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 中原区で放置自転車対策に取り組んできた市民団体「自転車と共生するまちづくり委員会」が3月末をもって、18年間の活動に幕を閉じた。ボランティアで自転車のマナー順守を呼びかけ続けた同会。区からは、活動場所の武蔵小杉駅や新丸子駅周辺で放置自転車を大幅に減少させた功績が認められた。

 同会が発足したのは2002年。当時、駅周辺や路上には放置自転車があふれ、緊急車両の通行の妨げになることもあり地域の課題だった。区によると、ピーク時には区内で年間2万台以上の放置自転車が撤去対象となっていた。自転車マナー向上のため、行政と地域住民約20人で同会を結成。駅周辺での呼びかけ活動や区内イベントでの啓発パンフレットの配布、保育園児らとの交通安全パレードなどを通して駐輪場の活用と自転車マナーの順守を呼びかけた。09年からは区内の放置自転車の現状や新しい駐輪場を紹介する広報誌を発行し、全24号にわたり啓発。武蔵小杉駅周辺の再開発が進み駐輪場が整備されたことも後押しとなり、19年には放置自転車は6千台にまで減少した。20年の区民アンケートでも、最も評価された区の業務として放置自転車対策が挙げられ、永山実幸区長は「皆様の熱意と地道な活動のおかげ」と謝辞を述べた。

 活動を振り返り、川連昌久委員長(83)=人物風土記で紹介=は「成果が認められてうれしい。他のエリアにも取り組みを広げられたらもっと良かった」とし、発足から関わる刀根雅洋さん(78)は「自転車利用者の多くは商店街の買い物客なので、商店主として葛藤もあった。声を掛け合い気持ちよくマナーを守ることが大切」とコメント。今野幸信さん(83)は「今後もより良い自転車利用のあり方を考えたい」としている。

 今後の放置自転車対策について区道路公園センターの担当者は「新たな啓発活動を始める予定は現時点ではないが、引き続き見回りや声掛けを続けていく」と話す。
 

中原区版のトップニュース最新6

対等な学び重ね 100回

こすぎの大学

対等な学び重ね 100回 社会

地域の仲間づくりを促進

4月16日号

開かずの踏切、改善へ一歩

平間駅

開かずの踏切、改善へ一歩 社会

JR 新たな制御装置導入

4月16日号

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter