中原区版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

法政大学重量挙げ部を11年ぶりに東日本制覇に導いた 小平 紀生さん 上小田中在住 80歳

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena

勝利と育成に精魂込め

 ○…木月に合宿所を構える法政大重量挙げ部を率いて半世紀。今月行われた東日本大学対抗の団体戦で、11年ぶりの優勝に導いた。喜んだのは「一瞬だけ」とし、「監督は常に次の試合を見据えるもの」と冷静。根底にあるのは、強豪校としてのプライド。「2位も最下位も負けたという意味では同じ。法政大は勝利だけを目指す」。冬の全国大会に向け、18人の部員を鼓舞する。

 ○…3歳から上小田中に住む。法政二高在学時に重量挙げを始め、法政大へ。3年で伸びしろの限界を痛感し退部を考えるも、キャプテンの提案でマネジャーに転身した。「好きという気持ちだけで続けるのがしんどくなり始めた時期。サポート側に回り、また競技に楽しさを見出せた」。4年時に東京五輪が開催され、ボランティアを務めた。「世界レベルを生で見られて興奮した。今回もどんなドラマが生まれるか楽しみ」

 ○…22歳で事務用品などを扱う会社の営業マンに。2日に一度は先輩に付き合い朝まで飲むため、会社のロッカーには常に清潔なワイシャツが2枚。「見た目はきちんとしないとね。喋ると酒臭かっただろうけど」と豪快に笑う。今も毎日飲み、気分転換。孫と乾杯するのが楽しみで、「あと10年。男同士で語り合える日が待ち遠しい」と未来を描く。

 ○…座右の銘は「凡事徹底」。恩師と慕う大学時代の教授に学んだ生き様で、「マナーや教養を叩き込んでくれた。指導側になり、存在のありがたさを改めて感じている」と思いを込める。教え子が教師になり、先日重量挙げ部を発足したと知らせが届いた。「競技に携わり続けているのがうれしい。いつかメダリストを誕生させられたら」。若者の未来を輝かせるため、進み続ける。

中原区版の人物風土記最新6

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

光武(みつたけ) 勉さん

区内を拠点に、ハンドボールの普及に努める

光武(みつたけ) 勉さん

上小田中在勤 41歳

8月20日号

青柳 嘉隆さん

陣屋二丁目のドッジボールチームの監督として中子連の大会で5連覇させた

青柳 嘉隆さん

井田在住 63歳

8月13日号

西 智弘さん

市立井田病院の医師で、コミュニティカフェでコロナワクチン相談会を行う

西 智弘さん

井田在住 41歳

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook