中原区版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

コアパーク、10月開放 賑わい創出へ、休憩所も

社会

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
整備後の予定図=市提供
整備後の予定図=市提供

 川崎市と東急(株)は先月31日、武蔵小杉駅南口前の広場「こすぎコアパーク」を10月26日にリニューアルオープンすると発表した。駅との回遊性向上や休憩スペース、飲食店の新設など、公園としての機能を強化。日常的なにぎわいの創出を目指す。

 広さ約1100平米のスペースに新たにベンチや植栽を設置し、休憩スペースを整備。広場と駅の間にあったフェンスと植栽帯を撤去したことで、駅との往来の不便さも解消した。28日にはカフェダイニングと焼き鳥専門店がオープン。イベントスペースも確保している。中原区まちづくり推進部の担当者は「公園として誰でも自由に使ってもらえる空間にした」と話す。

 同所はこれまで、NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントや地元商店街、町内会で成る「こすぎコアパーク管理運営協議会」が主体となり、盆踊りなどのイベント運営を行ってきた。一方、休憩場所などはなく日常的な利用者の姿は見られなかった。また、高架下は広場の死角にあり、ごみのポイ捨てが散見される課題も抱えていた。こうした状況を踏まえ、同協議会が市に整備を要望。当初は昨夏に完成予定だったが、オリンピックや新型コロナの影響で着工が遅れ、約1年越しのオープンとなった。

 区の担当者は「21号線や小杉全体を面として捉え、どう活用していくか。コロナ禍とコロナ後の活用方法を、地域の皆さんと一緒に考えていきたい」と話している。

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

現新、一騎打ちか

川崎市長選

現新、一騎打ちか 政治

10月31日投開票へ

10月15日号

図書館で原画展示

藤子ミュージアム10周年

図書館で原画展示 文化

10月15日号

区制50周年へ企画案

中原区

区制50周年へ企画案 社会

「交流を深める機会に」

10月8日号

子育てパパを主役に

街ナカアート

子育てパパを主役に 文化

参加型企画、大盛況

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月1日号

マラソンコース修復完了

多摩川

マラソンコース修復完了 社会

台風被害から2年

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook