中原区版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

市政だより中原区版 若者が編集「まちのため」 区と連携、初の試み

コミュニティ教育

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena
取材に応じたメンバーと区役所の高橋さん(右上)
取材に応じたメンバーと区役所の高橋さん(右上)

 市政だより11月号中原区版の表紙を、区内で活動する若者たちが飾った。編集したのは若い力を地域に生かそうと取り組む「かわさき若者会議」の中原区ゆかりの10人。中原区とのプロジェクトで初の試み。

 紙面で紹介したのは、教育や交流の場など区内で活動する若者4人。子どもたちに勉強や折紙を教える女性をはじめ、人工知能で渋滞などの社会問題に取り組む大学院生、高校で受けた講習がきっかけで消防団に入ったという人に焦点を当てた。編集に関わったのは、学生から社会人まで20代前半の若者ら。「若い人たちにも地域に目を向けてもらいたい」との思いから、テーマや人選など、プロジェクトメンバーたちが意見を出し合った。写真を中心にしたレイアウト、キャッチコピーや書体を工夫。

 大学4年生の和合大樹さん(21)は「取材を通して地域のつながりの大切さが見えてきた」と振り返り、社会人の佐藤太我さん(23)、大学2年生の大根田優菜さん(20)もうなずいた。

 区役所まちづくり推進部地域振興課の高橋漱至(そうし)さんは「市政だよりを読まなかった若い層へ届く紙面ができた。今後は市政だよりに限らず、リアルなイベントを企画し、参加して楽しめるものができれば」と話した。

 市政だよりは、区役所、図書館などの公共機関、駅などで手に入る。

中原区版のトップニュース最新6

新たな用途でにぎわい

等々力緑地

新たな用途でにぎわい 教育

再編整備計画を見据え

1月21日号

ライブ配信で2年ぶり

インユニティ

ライブ配信で2年ぶり 文化

最優秀学生バンドも出演

1月21日号

区内43施設を立入検査

中原消防署

区内43施設を立入検査 教育

大阪のビル火災を受け

1月14日号

体力、コロナ前下回る

川崎市内

体力、コロナ前下回る 教育

小5・中2全国調査で

1月14日号

区制50周年、新たな扉を

区制50周年、新たな扉を 社会

永山区長、2022年を語る

1月7日号

等々力緑地に賑わいを

川崎市と民間企業

等々力緑地に賑わいを 社会

多彩なテーマで3日間

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook