中原区版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

中原消防署 区内43施設を立入検査 大阪のビル火災を受け

教育

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena
検査対象となった区内にあるビルで、避難経路の確認などの立入検査を行う中原消防署員
検査対象となった区内にあるビルで、避難経路の確認などの立入検査を行う中原消防署員

 川崎市消防局は昨年12月に大阪市北区で多数の死傷者が出たビル火災を受け、12月22日から川崎市内の商業ビルなど約370施設の特別立入検査を実施した。区内では市の方針を受け、中原消防署員が対象の43施設を確認した。

 対象となったのは築年数を問わず、階段が1つで、地階または3階以上の階に不特定多数の人々が出入りする飲食店、物販店、病院などが入る雑居ビル。中原区内では43施設だった。

 避難経路が安全に確保されていることの確認が主な目的。検査内容は防火管理の実施状況および消防用設備等の設置状況、避難に必要な廊下や階段の管理状況、防火戸およびその周辺の状況の確認。消防署員がエレベーターで最上階へ上り、緊急時の避難通路となる階段を下りながら各所を検査して回った。

 中原消防署によると、消化器や防火扉、スプリンクラーなど消防用設備の設置状況等、43施設いずれも違反となる点は見つからなかったという。署員は「一時的でも避難経路となる階段に物を置くことがないよう、今後も維持管理を徹底してほしい」と話した。

 昨年末に検査を受けた武蔵小杉駅前の5階建ビルのオーナーは「飲食店やクリニック、介護事業者など、大阪の事件と同じ業態が入っており、他人事ではないと感じた。普段からテナントのオーナーには防災を心掛けてもらうよう伝えているが、今回の検査を機に改めて意識を高めていただけるよう取り組んでいく」と話した。

中原区版のトップニュース最新6

新たな用途でにぎわい

等々力緑地

新たな用途でにぎわい 教育

再編整備計画を見据え

1月21日号

ライブ配信で2年ぶり

インユニティ

ライブ配信で2年ぶり 文化

最優秀学生バンドも出演

1月21日号

区内43施設を立入検査

中原消防署

区内43施設を立入検査 教育

大阪のビル火災を受け

1月14日号

体力、コロナ前下回る

川崎市内

体力、コロナ前下回る 教育

小5・中2全国調査で

1月14日号

区制50周年、新たな扉を

区制50周年、新たな扉を 社会

永山区長、2022年を語る

1月7日号

等々力緑地に賑わいを

川崎市と民間企業

等々力緑地に賑わいを 社会

多彩なテーマで3日間

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook