神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年1月19日 エリアトップへ

どんど焼きで健康祈願  八幡大神と日枝神社で

文化

公開:2024年1月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
団子を火にかざす参加者=八幡大神
団子を火にかざす参加者=八幡大神

 一年の無病息災を願う恒例の「どんど焼き」が1月14日、区内の神社で行われた。参加者らが持参したしめ飾りなどを燃やし、その火で餅や団子を焼いて食べて五穀豊穣や健康を祈る行事。地域によっては「どんと焼き」とも呼ばれる。

八幡大神

 上平間の八幡大神(小泉愉孝宮司)では毎年総代会が主催し、約200組の紅白団子を無料で提供。集まった近隣住民らは細長い竹の棒の先に手作業で付けた団子を、正月飾りなどを燃やした火にかざして食し、一年の無病息災を願った。午前11時からの開始を前に、境内には順番待ちの長い行列ができ、用意された団子は一瞬のうちにはけた。火の中にくべた焼き芋100本ほどは、子どもらにも配布。

 毎年参加しているという上平間の飯沼友季子さん(61)は「こうした伝統行事が続いていることがうれしい。焼いた団子は持ち帰って、家族と一緒に今年一年の健康を願って食べたい」と笑顔を見せた。

 小泉宮司は「新年早々に震災や航空機事故など、悲しい出来事があり、当たり前の日常のありがたさを多くの方が感じたことだと思う。楽しみにされている方が多い行事なので、今後も環境に配慮しながら行っていきたい」と話した。

日枝神社

 丸子山王日枝神社(山本雅道宮司)では丸子消防団が協力し午後3時から6時まで、丸子橋第一広場で「丸子どんど焼き」を行った。地域から多くの正月飾りが集まり、干支の辰年生まれの人が焚きつけた火で福餅を焼いて食べることで一年の無病息災を願った。また書初めを燃やし、その炎が高くなるほど字がうまくなるという言い伝えも。約800個用意した人気の福餅には行列ができ、焼いた餅を親子でほおばり楽しむ姿が見られた。囃子の演奏や獅子舞いが行われ、屋台などもにぎわいをみせた。

 山本宮司は「みなさん楽しみにしており、問い合わせも多い。昔からの民族行事として、これからも大切に残していきたい」と思いを込めた。

中原区版のローカルニュース最新6

絵を編む体験会

作家・中山さん

絵を編む体験会

8月2、3日 作品展示も

7月19日

グラウンドゴルフを体験

グラウンドゴルフを体験

9月1日 等々力緑地

7月19日

DeNA「可能性広げる」

カワサキ文化会館が移設

DeNA「可能性広げる」

市の若者文化創造発信拠点

7月19日

市民提案事業を発表

市民提案事業を発表

7月27日 市民館

7月19日

PCとスマホ学ぶ

PCとスマホ学ぶ

シニア向け 参加者募集

7月19日

一部施設で配食を試行

「わくわくプラザ」

一部施設で配食を試行

配送費は事業者が負担

7月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook