神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年2月16日 エリアトップへ

神奈川県タクシー協会 川崎でもライドシェア 方針決定、4月から開始

経済

公開:2024年2月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
公共性を重視し、UDタクシーを積極的に導入してきた川崎支部
公共性を重視し、UDタクシーを積極的に導入してきた川崎支部

 一般のドライバーが自家用車で客を運ぶライドシェアについて、神奈川県タクシー協会は4月から川崎市と横浜市での運用開始を目指す方針を固め、2月6日、関係する事業者に伝えた。タクシー会社が管理する自家用車による有償運送を前提とした「日本型ライドシェア」の効果を示すことで、政界や財界の推進派が求める異業種への「全面解禁」の動きをけん制したい狙いだ。

協会の方針は「日本型」

 政府は車両が不足する地域や時間帯に絞った「日本型ライドシェア」を4月から限定的に解禁する。県タクシー協会もこの動きに足並みをそろえる形で方針を固め、ガイドライン策定などの準備を始めた。

 今回、協会が運用開始を決めた方式は政府と同様、道路交通法第78条の3号に基づくもので、災害などの緊急時にやむを得ない場合に限り「白ナンバー」の有償輸送を認める制度を運用する。実施に向け、協会では先行して導入を表明した東京都タクシー協会と連絡を取り合いながらガイドラインの策定を進めているが、2月7日に国土交通省の有識者会議で「制度案」が示されたため、再調整を始めたという。

 国交省の「制度案」によると、利用者は配車アプリなどを使い、ライドシェアを前提として車を呼ぶ。タクシー会社には車の整備や運転手の研修、勤務時間の管理などが求められ、アルコールチェックなどを含む点呼も担う。実車に回らない「遊休車両」の活用にも触れている。県タクシー協会ではこの内容を参考にしながら、川崎と横浜の状況に即したガイドラインを作業中だ。

 昨年12月にデジタル行財政改革会議が策定した中間とりまとめでは、今年6月に向け「タクシー事業者以外の者が行うライドシェア」を可能にする法整備、いわゆる「ライドシェア新法」に言及した。県タクシー協会が今回の決定に踏み切った背景には、こうした動きが現実味を帯びる前に、「日本型ライドシェアの実効性をタクシー業界がしっかり示し、業界の持続可能性を高めたい」との狙いがある。

運用へ「課題は山積」

 協会幹部は危機感をこう語る。「運用開始までに、運転手の採用と教育、出社を前提としない『遠隔点呼』も可能な体制づくりなど、やるべきことが山積している。それでも我々が主体的にタクシーの利便性を高め、結果を示さなくてはあらぬ方向に進んでしまう。緊張感とスピード感をもって進めていく」

 県タクシー協会川崎支部の関進支部長(川崎タクシーグループ会長)は「国から『こういうスタイルのものだ』という明確な通達が出なくては、事業者も判断できない。いずれにせよ4月から始まる日本型ライドシェアは、便利さを追求するものではなく、安全性と公共性が担保されるものでなくてはならないと思う」と話していた。

中原区版のトップニュース最新6

アート体験 視覚障害者に

岡本太郎美術館

アート体験 視覚障害者に

CF初挑戦、支援呼び掛け

4月15日

救急隊、日中に増設

中原消防署

救急隊、日中に増設

到着時間の短縮めざす

4月12日

5年ぶり重要郷土資料に

江戸時代後期「富士信仰」

5年ぶり重要郷土資料に

市ノ坪の民家で所蔵

4月12日

「産地復活へ」13本植樹

中原桃の会

「産地復活へ」13本植樹

等々力緑地前でPR

4月5日

市民の「誇り」向上

川崎市イメージ調査

市民の「誇り」向上

「来訪推奨度」は過去最高

4月5日

ブルーインパルスが飛行

川崎市制100周年

ブルーインパルスが飛行

6月29日、等々力緑地上空に

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook