麻生区版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

新百合ヶ丘駅南口メインストリート 新愛称「リリエンヌ通り」に 全国から応募総数1878件

賑わいを見せる週末の彫像前広場「ゆりてらす」
賑わいを見せる週末の彫像前広場「ゆりてらす」

 小田急線新百合ヶ丘駅南口からマプレ専門店街を結ぶメインストリートと、隣接する彫像前広場の愛称を決める「新百合ヶ丘駅前ネーミングコンテスト」の結果がこのほどまとまり、それぞれ「リリエンヌ通り」と「ゆりてらす」の名称に決定した。

 新しい愛称は今月12日に彫像前広場で開催されたバレンタインイベントで発表された。昨年末から1月中旬まで愛称の一般公募が行われ、主催した「kirara(きららっと)@アートしんゆり」イベント実行委員会には、全国からメインストリートの愛称983通、彫像前広場の愛称895通の計1878通の応募が寄せられた。

 大型商業施設が並ぶメインストリートは、マプレ専門店街まで約150メートル続いており、毎日多くの駅利用者や買い物客が行き交う。メインストリートが通るペデストリアンデッキは1984年に建設されて以来約30年経つが、今まで正式な名称はついていなかった。

 コンテストの一次選考には、この企画を進めた昭和音楽大学、東京都市大学、専修大学から9人の学生が参加し、候補を30点に絞り込んだ。

 最終選考では昭和音楽大学理事長の下八川(しもやかわ)共祐氏、川崎新都心街づくり財団理事長の中島眞一氏ら4人が審査員を務め、最優秀賞を決定した。

 「リリエンヌ通り」の愛称を考えた多摩区在住の長村久美子さんによると、「リリー」は百合を表わす言葉。新百合ヶ丘駅周辺に買い物や食事に来る女性を総称して「リリエンヌ」と呼ぶことからメインストリートの愛称として発案したという。同じく「ゆりてらす」の愛称を考案した世田谷区在住の保岡直樹さんは、「夢と笑顔と町の魅力を明るく照らす場所」という意味と、イタリア語で大地を意味する「テラス」のように心が安らぐ場所という意味を込めて名づけた。

 同実行委員会は「(リリエンヌ通りという愛称は)響きもよく、おしゃれなイメージがある。地域外からも広く受け入れてもらえるのでは」とコメントしている。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

新栽培アスパラが初出荷

商業地 堅調に上昇

麻生区公示地価

商業地 堅調に上昇

4月13日号

新百合など4駅で整備

自転車安全対策

新百合など4駅で整備

4月6日号

25年の歴史に幕

市民主催フリマ

25年の歴史に幕

4月6日号

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク