麻生区版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

あさお芸術のまちコンサート実行委員長を務める 丸山 博子さん 白山在住 61歳

音楽が持つ力を信じて

 ○…12年前、区役所ロビーを活用した「あさおランチタイムコンサート」の実施を提案。麻生区在住の音楽家を集めたお昼のコンサートは反響を呼び、区内のホールを貸しきって実施するまでになった。規模が拡大し名前が「あさお芸術のまちコンサート」に変わっても、当初の思いは変わらない。「人々に音楽を通じた出会いを。活気があって、潤いのある生活を楽しんでもらいたい」。区役所を巻き込んで長年実施してきたコンサートも1月開催分でついに92回を数え、ようやく市民主導で運営できる体制が整ってきた。

 〇…1951年、北九州市で生まれる。小学4年からピアノを習い始め、迷うことなく音大に進んだ。じっとしていることができない性格で、活発的な音楽人生を歩んできた。「ミュージカルの真似事をしたり、物語を音楽にのせて朗読したり。みんなが喜んでくれるのが本当に嬉しくて」。児童文化部ではちょっとしたスターだった。「音楽は皆を幸せな笑顔で包むもの」。求める音楽性は生涯、変わることがない。

 〇…40代の頃、大病を患った。生死を彷徨う事態を経験し、これからは周囲の人を笑顔にし、自分も笑って暮らそうと決意した。人を笑顔にする方法を考えると、その延長線上には必ず音楽があった。現在、金程小学校で音楽専科の授業を受け持つのもその思いから。子どもたちに音楽の楽しみと、夢を与えたいと奔走する。

 〇…最近、チェリストとして活躍する次男が初めての映画音楽に挑戦した。区内に自宅を構えたことでも知られる画家・中村正義の苦悩を映し出した大作に挑み、芸術家として同じようにもがく息子の姿を見守った。「本当に大変だったと思うけれど、この映画に出会えてよかったね、と声をかけてあげたい。音楽を通じ、正義画伯と触れ合えたんじゃないかしら。音楽ってやっぱりすごい力を持っている」
 

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク