麻生区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

柿生ミニバスチーム アベックで関東大会へ きょう開幕 目標は優勝

スポーツ

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena
写真上がレッズ、下がフィリーズの選手
写真上がレッズ、下がフィリーズの選手

 柿生地区を中心に活動しているミニバスケットボールチーム「柿生レッズ」(男子)と「柿生フィリーズ」(女子)が今日25日に平塚市で開幕する関東大会に出場する。女子は4回目、男子は初で男女そろっての出場はチーム結成以来初。両チームともに「優勝を目指す」と意気込みをみせる。

 両チームが出場するのは「第33回関東ブロックスポーツ少年団競技別交流大会」。ミニバスケットボールは秩父宮記念体育館を会場に26・27日に競技が実施される。

 男子は36チーム、女子は29チームが参加し6月から7月にかけて行われた県予選で女子は優勝、男子は準優勝し関東大会へ駒を進めていた。

 レッズ、フィリーズ両チームとも結成は1995年。柿生小学校を練習の拠点にしている。柿生小のほか、東柿生・真福寺・片平・栗木台小学校に通う児童で構成されている。

練習試合含め無敗

 4年ぶり4度目の関東大会出場となるフィリーズは強豪として知られる。今年2月の新チーム結成以降は練習試合を含め無敗を誇り今年のチーム力は全国区。

 佐能俊秀監督は「スピードが持ち味。ディフェンスからの速攻やプレーの正確さが女子チームの特長」と話す。練習でも1対1やパスなどの基本練習を中心に力をつけている。

 フィリーズの横山由芽キャプテンは「強い気持ちで関東大会では優勝を目指したい」と話す。

「歴史を作れた」

 一方、レッズはこれまで県大会ベスト4が最高成績だった。関東大会をかけた4チームによる県大会での決勝リーグでも、初戦に23対34で敗れた。「次は絶対に勝つ」とチームがまとまり残り2試合を連勝し、チーム結成以来初の準優勝を果たした。

 竹沢勇キャプテンは「初の関東大会出場を決められ、チームの歴史を作ることができ嬉しかった。関東でも自分たちの特長を出して、優勝を目指したい」と話した。

 佐能監督によると、男子の強豪と言われるチームには、160cmを越える選手がいることが多いというが、レッズには一人もいない。同チームは小柄な選手が多く、高さを補うため速いプレッシャーやパスカットから速攻につなげる戦略をかかげる。

 佐能監督は「一戦必勝で戦い、優勝を目指して頑張りたい」と大会に向けた抱負を話した。

麻生区版のトップニュース最新6

世界挑戦と介護職 両立

川崎新田ジム黒田選手

世界挑戦と介護職 両立 スポーツ

11月、1年半ぶり復帰戦

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

子どももシニアも「顔見知り」

区市民提案型協働事業

子どももシニアも「顔見知り」 社会

食育通じて世代交流

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 社会

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

再整備に向け調査開始

北部市場

再整備に向け調査開始 経済

民間アイデア活用へ

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク