麻生区版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

「百合ヶ丘こども食堂」を運営するNPO法人アイゼンなどで活動する 俵(たわら) 隆典さん 百合丘在住 44歳

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena

民間力で地元完結の街へ

 ○…百合丘にある飲食店の協力で昨夏、子どもの食事環境を楽しくすることと、保護者に時間的なゆとりを持ってもらおうとスタートさせたこども食堂の取り組み。回を重ねるごとに来場者が増え「最近は2時間の開催で60人前後が来てくれるようになりましたが、そうなると今度はお母さん方にゆとりが提供できていないという課題が出てきた」と、今月からは近隣の保育園を第2会場として規模を拡大して実施する。また他地域からの来場も多くなったことから3月には新百合ヶ丘、以降は柿生や多摩区でも開催を計画している。

 〇…中高生の保護者に対する受験相談や児童向け運動教室など、教育関係に長けた人材や保育士などを目指す学生と地域をつなぐ活動を行うNPO法人アイゼンの代表。こども食堂もNPOの地域支援の一環だ。「自分一人が動くだけでは自己満足や小さい規模になりがち。チームで動くことでより大きな活動になっていくと思います」。自分が直接感謝されるより、チームの仲間が感謝されている場面を見て喜びたいという思いで活動を行っている。

 〇…中学校の教諭から4年前、薬局や介護施設の運営などを行っていた家業を継ぎ、現在は「結グループ」の代表を務める。小学生の姉弟の父親ながら、昨年からは「看護の現場や働く側の気持ちを理解したい」と准看護師の専門学校に通う学生でもある。日曜日は家族の時間と決めているが「子どもたちとスポーツ施設に行くんですが、息抜きというより息を切らせていますね」と笑う。

 〇…「今はNPOで儲けたいというより、活動を継続して麻生区をより暮らしやすい場所にしていきたい。子育てや働くことが地元で完結できる仕組みも『地域包括ケア』だと思うので、民間の発想を生かした子育て支援や課題解決を行っていきたい」。人と人、企業と企業をつなげるさまざまなアイデアで街の活性化に取り組んでいく。

麻生区版の人物風土記最新6

田中 隆さん

レストランあさおで月1回提供する地元食材ランチのメニューを考案する

田中 隆さん

多摩区在住 69歳

12月13日号

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

12月9日開催の昭和音楽大学生による企画制作公演を立案した

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

王禅寺東在住 23歳

12月6日号

鈴木 武夫さん

12月8日に開催する合唱フェスタを主催する麻生区合唱連盟の会長を務める

鈴木 武夫さん

下麻生在住 73歳

11月29日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

栗平在住 73歳

11月22日号

大矢 高弓さん

作品「ふるさと」が日展の特選に選ばれた日本画家の

大矢 高弓さん

千代ヶ丘在住 50歳

11月15日号

窪嶋 真弥さん

整理収納アドバイザーとして自宅セミナーの開催やテレビ番組にも出演する

窪嶋 真弥さん

万福寺在住 39歳

11月8日号

香川 和彦さん

11月24日に田園調布学園大で開催するフリーマーケットを立ち上げた

香川 和彦さん

王禅寺西在住 62歳

11月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク