麻生区版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

麻生区少年野球連盟の会長を務める 鈴木 孝之さん 百合丘在住 59歳

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena

野球の魅力 子どもたちに

 ○…先月17日に行われた区少年野球連盟の定期総会で新会長に就任した。「少子化などで野球をする子どもが少なくなってきている。小さな子ども向けにTボール大会を開催するなど工夫もしているが、加えて何か取り組みをしていかないと」と真剣な眼差しで語る。「それぞれのチームが勝つことも大事だが、小学生のうちは野球の楽しさを教えてあげてほしい」という思いを胸に、区内13チームが所属する連盟の舵取りを行う。

 ○…息子が区内の若葉フレッシュリーブスに所属していた頃、コーチのような形でチームに携わったことがきっかけとなり、その後、6年ほど前から役員として連盟に関わるようになった。自身も、中学の部活で野球に本格的にのめり込むと、高校時代には内野の要・ショートを守り、打線の中軸を任され、キャプテンを務めるなど攻守に渡ってチームを引っ張った。「一つの目標に向かって一丸となったり、自分のしたミスをチームメイトが助けてくれたり、野球は感謝する気持ちを身につけられるスポーツ」と熱く語る。

 ○…東京都出身。公務員として勤め、およそ40年となる。「地域振興、スポーツ振興の経験もあるので、十分に活かしていきたい」と意気込む。休みには箱根や熱海、年に1、2回は山口県や広島県に夫人と旅行に出かけるなど家族との時間も忘れない。普段から他の競技も観戦し、先月行われた平昌冬季五輪の団体パシュート女子決勝では、チームプレーでオランダに勝利したことの素晴らしさを息子と語り合った。

 ○…「13チーム欠けることがないよう、人集めに貢献し、地道な活動を継続してやっていきたい。勉強も大事だけれど、野球の素晴らしさを知っているだけに、野球から離れていくのはもったいないと思う。子どもたちには、中学高校くらいまでは続けてほしいなあ」と微笑む。昨年40周年を迎えた歴史ある連盟の采配は、まだ始まったばかりだ。

麻生区版の人物風土記最新6

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

山内(やまのうち) 楓子さん

麻生消防団員で、総務省消防庁の消防団入団促進PRに出演する

山内(やまのうち) 楓子さん

東百合丘在住 20歳

1月31日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月24日号

矢野 淳一さん

阪神・淡路大震災でのボランティアをきっかけに地域防災に取り組む

矢野 淳一さん

高石在住 66歳

1月17日号

草壁 悟朗さん

川崎商工会議所の会頭に昨年11月就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

1月10日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一緒に自然を守ろう

一緒に自然を守ろう

里山フォーラム

2月22日~2月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク