麻生区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

定時制生徒が舞台披露 市アートセンターで好演

文化

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena
演劇同好会顧問の中山さん(左上)と部員たち(右下が西山さん)
演劇同好会顧問の中山さん(左上)と部員たち(右下が西山さん)

 県立向の岡工業高校(多摩区)に通う定時制生徒らによる演劇同好会が先ごろ、市アートセンターで公演「こんばんは、ゴーシュさん。」を上演した。

 昨年の市高等学校合同演劇発表会で最優秀賞を獲得した同作は同好会顧問で、日本映画大学の非常勤講師も務める中山周治さん(56)=麻生区片平在住=が「セロ弾きのゴーシュ」を脚色して書き上げたもの。定時制高校の生徒が吹奏楽部の立ち上げや挫折、演劇に情熱を傾けていく「ドキュメンタリー演劇」。主人公のモチーフにもなった学生、西山政信さん(30)が10代から20代のクラスメイトに声をかけ、音響や美術などでも協力を得ながら夜間に少しずつ作り上げていった作品だ。

 今回は同センターで行われた演劇シンポジウムで中山さんが行った講演「定時制高校同好会による奮闘記」実践報告として上演したもの。多くの観客の前での公演を見守った中山さんは「高校の演劇部は部員も多く上手なところもある。この同好会は挫折を味わってきた生徒も多い定時制の、しかもたった一人から活動をしてきた取り組み。今回は満点の出来ではなく、生徒も悔しがっていたが一生懸命さは伝わったと思う。ささやかな活動だが多くの人に関心を持ってもらえたことが嬉しい」と話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6

新百合ヶ丘駅周辺イルミ夜8時消灯

【Web限定記事】

新百合ヶ丘駅周辺イルミ夜8時消灯 社会

緊急事態宣言受け

1月22日号

多彩な講師から探る、"広い視野を持つ"人の幸せな生き方

【Web限定記事】

多彩な講師から探る、"広い視野を持つ"人の幸せな生き方 社会

麻生市民館がオンライン講座

1月22日号

男女の愛情の行方は

劇団民藝

男女の愛情の行方は 文化

若手中心に2月公演

1月22日号

原さん、舞台で肉体美披露

【Web限定記事】川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美披露 文化

1月22日号

「自宅で確定申告」呼びかけ

新田ジム

「自宅で確定申告」呼びかけ 社会

白崎選手ら税務署大使に

1月22日号

やまゆり休館

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク