麻生区版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

住み続けたい街をめざして 川崎市議会議員 花輪 孝一

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena

 麻生区をより良い街にするための施策として、私が考える主なポイントは、次の通りです。

【1】超少子高齢社会への対応

 先ずは子育て支援の充実が最重要です。この為には、小児医療費無償化を義務教育終了まで拡充し、所得制限を撤廃すべきです。また、当面の課題として保育園待機児童対策も、市独自の認定保育園・幼稚園の預かり保育等の拡充で対応すべきと考えます。

 超高齢社会への対応としては、地域ぐるみで健康増進、介護予防を推進するとともに、医療や介護が在宅対応できる仕組み作りと地域との連携が不可欠です。

 また社会を支える人材の確保という観点からは、女性や元気高齢者等に対する就労機会の積極的な提供に加え、若年世帯に対する居住支援も必要です。

【2】街づくりの視点から

 交通不便地域にコミュニティ交通の導入、横浜市営地下鉄線の延伸に連動した新百合ヶ丘駅北口周辺の再開発、柿生駅前再開発と周辺道路の整備等課題は山積していますが、住民本位で将来を見据えた取組みが求められます。

 また防災減災の観点から、地域ごとの防災計画の見直しや中小河川の維持管理強化、がけ崩れを防ぐための古い擁壁等の改修支援も必要不可欠です。

【3】地域コミュニティの醸成

 麻生区は、住民が主体となった「芸術・文化のまち」を推進してきました。

 これからは、文化や芸術・スポーツ、自然保護、子育てや福祉などあらゆる分野で、地域が主体となった活動が重要となります。

 こども文化センターと老人いこいの家など既存の施設をリニューアルし、地域コミュニティ拠点として活用すべきであると考えます。

花輪孝一

麻生区細山3-14-6

TEL:044-954-9125

http://www.h3.dion.ne.jp/~hanawa/

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

ひとり親家庭への持続的な支援充実を!

市政報告

ひとり親家庭への持続的な支援充実を!

公明党川崎市議団 花輪 孝一

1月22日号

ワクチン接種準備と軽症者療養施設の市内設置を求める

議会報告

ワクチン接種準備と軽症者療養施設の市内設置を求める

みらい川崎市議会議員団 あまがさ裕治

1月22日号

令和3年 新しい価値を生み出すまちへ

意見広告

令和3年 新しい価値を生み出すまちへ

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

1月1日号

コロナ禍の年末年始〜川崎市の対応

議会報告

コロナ禍の年末年始〜川崎市の対応

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

12月25日号

市病院局による不正会計と公文書改ざん明らかに

連載 80 市民理解が得られないお金の使い方 その2

市病院局による不正会計と公文書改ざん明らかに

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

11月13日号

学校用地の取得

連載 79 市民理解が得られないお金の使い方 その1

学校用地の取得

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク