麻生区版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

日本映画大学の地域連携担当として地域との窓口役を務める 芦澤 浩明さん 麻生区勤務 47歳

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

映像の力で地域貢献を

 〇…夏休みに区内で行われる「こども映画大学」から学生制作映画の県外上映企画まで、多岐に渡るイベントの窓口を長年務める。昨年からは地域連携担当の肩書が付き、対外的な活動を加速させている。「地域っていうと大学近隣のイメージがありますが、もっと広い業務。この職名が付く前からやっている仕事ですが、映像教育の普及と啓蒙の考えは変わりません」

 〇…スターウォーズやターミネーターといったSF映画に魅了された少年時代、学校へ行かず映画館に通った高校生活だったが「大学は山岳部で登山一色の生活。映画のことはきれいさっぱり忘れていました」と懐かしむ。最初の就職先を半年で辞めて暫く経った頃、新聞で日本映画学校(当時)の職員募集を見つけ、映画への想いが再燃し思わず飛びついた。事務職で採用されたが「多摩川でポンプを使って雨を降らせたり、映写機の操作だったり授業の手伝いは何でもやりました。ネクタイをしての仕事はここ最近からです」と日焼けした笑顔を見せる。

 〇…多摩区で妻と2人の息子の4人暮らし。「仕事は忙しいと思いますが、ミッションがあるほうがありがたいし自分には合っていると思います」。オンオフの垣根は作らない性格だと自己分析するが、最近は家庭菜園にも熱を入れ、独学で土作りから学ぶ時間が束の間の休息になっている。

 〇…専門分野に特化した大学ということもあり、対外的に距離を感じることも多かったというが「接点を持つと親しみを感じてもらえること多いのが映像の力。もっと気軽に接してもらえるようこちらから壁を取っ払うことが大事だと思います」。映画作りを学び、また映像を取り扱う教育機関としての地域貢献を考えながら、手探りの活動は続いていきそうだ。

麻生区版の人物風土記最新6

米倉 日呂登(ひろと)さん

白山子ども図書館ほんの森で6月29日、父親の作品の朗読などを行う

米倉 日呂登(ひろと)さん

王禅寺西在住 60歳

6月21日号

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

藤田 直哉さん

東日本大震災にまつわる文芸誌「ららほら」を編著、創刊した

藤田 直哉さん

日本映画大学専任講師 36歳

5月31日号

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク