麻生区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

柿生小学校 校歌でつながる音楽の縁 作曲者の孫がコンサート

教育

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
児童と一緒に歌う平井李枝さん
児童と一緒に歌う平井李枝さん

 川崎市立柿生小学校で、校歌の作曲者平井康三郎氏の孫でピアニスト・ソプラノ歌手の平井李枝さんが、6月25日に音楽鑑賞会を行った。平井氏は同校の校歌をきっかけに麻生に愛着を持っていたという。

 平井氏は童謡「とんぼのめがね」や様々なジャンルの作品を残す作曲家。全国各地の校歌も作曲しており、同校の校歌は勝承夫氏作詞で1960年に作られた。一方、孫の李枝さんは国内外でリサイタルを行うほか、全国各地の学校でレクチャーコンサートを実施。同校には平井氏の縁と「子どもたちに本物に触れる体験をしてほしい」という同校の思いから、2013年の140周年記念式典のときから毎年訪れ鑑賞会を行なっている。

 当日は高学年を対象に、李枝さんが世界各国のクラシック曲をピアノやソプラノで演奏。後半には一緒に歌うコーナーもあり、参加した児童は李枝さんの伴奏で校歌を大きな声で元気いっぱいに合唱した。李枝さんは「小学校は夢の種を育てるところだと思う。校歌の歌詞にあるように『日本の力』になれるように頑張ってください」と児童に向けて話していた。

緑の風景に愛着

 李枝さんによると、平井氏は校歌作曲がきっかけで訪れた麻生の地が気に入り、その後金程に別宅を作ったという。「(平井氏の)ふるさとの高知県と緑の風景があるところが似ていて、この地域に愛着をもったのではないか」と李枝さんは話す。

 鑑賞会では、李枝さんが同校をイメージして作詞作曲した「オレンジの風」も披露。「柿生小には母校以上に思い入れがある。来年もみんなと一緒に歌えれば」と話した。

麻生区版のトップニュース最新6

子年だけの観音開帳

星宿山王禅寺

子年だけの観音開帳 文化

12年に一度 4月1日から

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

親子向け行事ガイド完成

区民会議発市民団体

親子向け行事ガイド完成 教育

魅力知り「ふるさと」感じて

3月20日号

親の会10団体で新組織

不登校・ひきこもり

親の会10団体で新組織 社会

冊子発行、「語る場」提供へ

3月13日号

多摩線の利便性向上へ

小田急線ダイヤ改正

多摩線の利便性向上へ 社会

あす14日から

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・尺八の体験会

箏・尺八の体験会

4月、小中学生が対象

4月4日~4月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク