麻生区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

柿生小学校 校歌でつながる音楽の縁 作曲者の孫がコンサート

教育

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
児童と一緒に歌う平井李枝さん
児童と一緒に歌う平井李枝さん

 川崎市立柿生小学校で、校歌の作曲者平井康三郎氏の孫でピアニスト・ソプラノ歌手の平井李枝さんが、6月25日に音楽鑑賞会を行った。平井氏は同校の校歌をきっかけに麻生に愛着を持っていたという。

 平井氏は童謡「とんぼのめがね」や様々なジャンルの作品を残す作曲家。全国各地の校歌も作曲しており、同校の校歌は勝承夫氏作詞で1960年に作られた。一方、孫の李枝さんは国内外でリサイタルを行うほか、全国各地の学校でレクチャーコンサートを実施。同校には平井氏の縁と「子どもたちに本物に触れる体験をしてほしい」という同校の思いから、2013年の140周年記念式典のときから毎年訪れ鑑賞会を行なっている。

 当日は高学年を対象に、李枝さんが世界各国のクラシック曲をピアノやソプラノで演奏。後半には一緒に歌うコーナーもあり、参加した児童は李枝さんの伴奏で校歌を大きな声で元気いっぱいに合唱した。李枝さんは「小学校は夢の種を育てるところだと思う。校歌の歌詞にあるように『日本の力』になれるように頑張ってください」と児童に向けて話していた。

緑の風景に愛着

 李枝さんによると、平井氏は校歌作曲がきっかけで訪れた麻生の地が気に入り、その後金程に別宅を作ったという。「(平井氏の)ふるさとの高知県と緑の風景があるところが似ていて、この地域に愛着をもったのではないか」と李枝さんは話す。

 鑑賞会では、李枝さんが同校をイメージして作詞作曲した「オレンジの風」も披露。「柿生小には母校以上に思い入れがある。来年もみんなと一緒に歌えれば」と話した。

麻生区版のトップニュース最新6

ゆかりの麻生で遺作上映

女優原知佐子さん

ゆかりの麻生で遺作上映 文化

関係者が在りし日語る

9月17日号

認知症理解へ 民・官一体

世界アルツハイマーデー

認知症理解へ 民・官一体 社会

区役所で展示 動画作成も

9月17日号

区民「地盤調査しっかりと」

リニア中央新幹線

区民「地盤調査しっかりと」 社会

外環道事故受け、説明会

9月10日号

「月」語る癒しの場を

区内在住カメラマン

「月」語る癒しの場を 社会

週1回交流 延べ500人

9月10日号

囲碁全国大会で3位

王禅寺中央中高橋さん

囲碁全国大会で3位 社会

「次は高校で」優勝をめざす

9月3日号

2選手が総体準優勝

桐光学園高校水泳部

2選手が総体準優勝 スポーツ

100平、400個メで

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「二つ目落語会」

恒例の「二つ目落語会」

9月18日 棕櫚亭(西生田)で

9月18日~9月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook