麻生区版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

28日から始まる「KAWASAKIしんゆり映画祭」の代表を務める 中山 周治さん 片平在住 56歳

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena

映画通じ風土の醸成を

 ○…長年開催されてきたしんゆり映画祭で「より地域に根差した人材を」との意向を受け、昨年代表に就いた。「ボランティアの方たちが自ら楽しみながら高い質も追求している。その能力と熱量に驚いた」と前回を振り返る。今年もこだわりのラインナップに加え、バリアフリー上映や大声での観賞も可能な『絶叫上映』など趣向を凝らし、2年目の本番に臨む。

 ○…農家の長男として自然に囲まれて育った青年が都内の大学でアングラ演劇の世界に触れ、衝撃を受けた。「今でもそうですが面白そうなことに反応する習性がある」。県立高校の英語教師となったが30歳目前でニュージーランドでの日本語教師、トンガで識字教育について学ぶなど、好奇心を追求していった。32歳で教師に復職してからは「座学以外の学びを」と、学生たちにメディアリテラシー教育や映画づくりなど、映像をキーワードにした活動に邁進した。

 ○…今年3月に教職を退き農家の後継に。映画祭代表のほか、日本映画大学での非常勤講師を務めながら畑仕事に精を出す日々を送る。「少しずつ成長してきた姿を追ってきた」という川崎フロンターレの試合観戦が昔からの趣味。「今は農家なので日中に観戦に出かけるのが少し後ろめたい気もしますが、家族サービスは以前より出来るようになったかな」と現在の環境を楽しんでいる。

 ○…映画は求心力のあるもので、より多くの人が関われると持論を語る。「障害者もマイノリティも関係なく巻き込んでいける仕掛けを考えていかないと」。麻生区には芸術を理解する土壌が根付いていると感じており、「見かけではない豊かさとか、映画の力を活用してそういった部分がもっと醸成されていくような貢献ができたら楽しいと思います」と前を向く。

麻生区版の人物風土記最新6

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク