麻生区版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

ビジネスコンテスト 「ゲーム音楽隊プラン」入賞 区内企業 実現性など評価

経済

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
「麻生区内でも演奏したい」と語る黒田代表
「麻生区内でも演奏したい」と語る黒田代表

 ゲームで使用される楽曲制作などに携わる合同会社セレンディピティ(黒田正雄代表)=百合丘=が、1日開催の(公社)川崎市産業振興財団主催のビジネスプランコンテストで入賞した。需要が増すゲーム音楽を川崎から盛り上げていきたい考えだ。

 これは2001年から行われている「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」。創業や新分野進出を目指す企業向けコンテストだ。受賞者には資金調達の支援や専門家、事業パートナーとのマッチングなどが提供される。

 同社は、元オペラ歌手の黒田代表が2014年に設立。イベント企画、運営のほか、テーマパークショーの楽曲、音源制作、アーティストの派遣等を行う。コンテストでは、昨年4月に結成したゲーム音楽専門コーラス隊「Barzz〜鳥の吟遊詩人たち〜」の活動についてプレゼン。アイデアの実現、成長が見込めるとして「かわさきビジネス・アイデアシーズ賞」などを受賞した。

ゲーム関連イベント拡大

 ゲーム音楽とは家庭用ゲームやスマホゲームなどで使用されているBGMや主題歌のこと。近年はゲーム音楽関連イベントにも注目が集まっており、5千人規模の会場で行われる演奏会のチケットが即日完売になることもある。黒田代表は「演奏を聴いてプレーしていたゲームを思い出し、涙を流す方もいる」と語る。

 同社もゲーム音楽のレコーディングや演奏会にコーラスを派遣する案件が増加。しかし費用や会場音響などの問題によりクオリティが安定しないことが課題だった。そこで、技術が高く「ゲームが好き」というオペラ歌手からオーディションで選出したコーラス隊を結成。昨年は自主企画の演奏会も実施した。

 受賞について黒田代表は「時代に合った内容が評価されたのではないか。音楽のまち・かわさきからゲーム専門の音楽組織が生まれたことも面白がってもらえたのかも」と話す。自身もサブカルチャー好きだという黒田代表は「マンガ、アニメも含め『サブカルチャーの音楽と言えばBarzz』と言ってもらえるようになりたい」と話している。

Barzzのメンバー
Barzzのメンバー

麻生区版のトップニュース最新6

子ども視点で「SDGs」推進

子ども視点で「SDGs」推進 教育

市民団体が企画開始

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 社会

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

「自己表現のパワー感じて」

ピカソ・カレッジ(古沢)

「自己表現のパワー感じて」 文化

市民館で初の作品展

7月16日号

「1000人合唱」9月に実現

麻生区出身新屋さん

「1000人合唱」9月に実現 文化

会場と動画組み合わせ 

7月16日号

オール岡上ワイン初完成

オール岡上ワイン初完成 経済

区内飲食店で提供へ

7月9日号

7割が着替え男女同室

市立小1、2年生

7割が着替え男女同室 教育

市教委、「現場対応」促進へ

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに伝統文化 継承

子どもに伝統文化 継承

「お箏教室」参加者募集

9月11日~12月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter