麻生区版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

農学博士として明治大学との土壌肥料研究や地域講座などを行っている 藤原 俊六郎(しゅんろくろう)さん Office FUJIWARA代表 71歳

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena

ゴミは処理から再利用へ

 ○…土壌肥料の専門家として明治大学黒川農場が完成した2012年から特任教授に就き、昨春退職。現在は同大との共同研究に加え、特任教授時代に知り合った家庭ゴミをたい肥化する地元グループの菜園講座の講師なども務めている。3月末から始まる春作物の講座は退職後の要請だったが「家庭ゴミの有効利用を考える人がいる限りお手伝いしていきたい」と笑顔を見せる。

 ○…岡山県生まれ。高校時代、生物部で「目に見えないのに多様な働きをするな」と微生物に興味を持ち、大学でもその分野の研究を進めた。卒業後は神奈川県農業技術センターの研究者として、発酵や農産物の品質を数値評価する研究に従事。「研究を進めるうち、作物ができる前の土を知る必要が出てきて、土壌や肥料のことを学んでいきました」。土壌診断ソフトを国内で初めて開発するなど「日本をリードする研究が出来た。いつでも楽しんでいたから大変なこととかなくてね」と穏やかに当時を振り返る。

 ○…現在は子どもも独立し、秦野市で妻と暮らす。大学退職後に技術士事務所を立ち上げ、明大などとゴミや害獣を液肥化する研究、県農業アカデミーでの講師と、忙しい毎日を送る。「まだ悠々自適ではないので旅行とかにも行っていない。妻からは文句も言われています」と苦笑い。

 ○…ゴミをいかに有効利用するかがこれからの時代に求められているという。ほかにも海洋プラスチックの問題など、思いは環境保全や地球の将来にも及ぶ。「暮らしている限りクリアしなければいけない課題。どうやって廃棄物を抑えて環境負荷を減らすか考えていかないと」。ゴミではなく資源、処理ではなく再利用との考えを伝えるために専門の立場から精力的な活動は続く。

麻生区版の人物風土記最新6

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

麻生区・中原区担当 

10月18日号

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋の歌声喫茶

秋の歌声喫茶

交流館やまゆりで26日

10月26日~10月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク