麻生区版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

農学博士として明治大学との土壌肥料研究や地域講座などを行っている 藤原 俊六郎(しゅんろくろう)さん Office FUJIWARA代表 71歳

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena

ゴミは処理から再利用へ

 ○…土壌肥料の専門家として明治大学黒川農場が完成した2012年から特任教授に就き、昨春退職。現在は同大との共同研究に加え、特任教授時代に知り合った家庭ゴミをたい肥化する地元グループの菜園講座の講師なども務めている。3月末から始まる春作物の講座は退職後の要請だったが「家庭ゴミの有効利用を考える人がいる限りお手伝いしていきたい」と笑顔を見せる。

 ○…岡山県生まれ。高校時代、生物部で「目に見えないのに多様な働きをするな」と微生物に興味を持ち、大学でもその分野の研究を進めた。卒業後は神奈川県農業技術センターの研究者として、発酵や農産物の品質を数値評価する研究に従事。「研究を進めるうち、作物ができる前の土を知る必要が出てきて、土壌や肥料のことを学んでいきました」。土壌診断ソフトを国内で初めて開発するなど「日本をリードする研究が出来た。いつでも楽しんでいたから大変なこととかなくてね」と穏やかに当時を振り返る。

 ○…現在は子どもも独立し、秦野市で妻と暮らす。大学退職後に技術士事務所を立ち上げ、明大などとゴミや害獣を液肥化する研究、県農業アカデミーでの講師と、忙しい毎日を送る。「まだ悠々自適ではないので旅行とかにも行っていない。妻からは文句も言われています」と苦笑い。

 ○…ゴミをいかに有効利用するかがこれからの時代に求められているという。ほかにも海洋プラスチックの問題など、思いは環境保全や地球の将来にも及ぶ。「暮らしている限りクリアしなければいけない課題。どうやって廃棄物を抑えて環境負荷を減らすか考えていかないと」。ゴミではなく資源、処理ではなく再利用との考えを伝えるために専門の立場から精力的な活動は続く。

麻生区版の人物風土記最新6

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

藤田 直哉さん

東日本大震災にまつわる文芸誌「ららほら」を編著、創刊した

藤田 直哉さん

日本映画大学専任講師 36歳

5月31日号

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

斎藤 泰子さん

4月で1周年を迎えた「しんゆり交流空間リリオス」の運営に携わる

斎藤 泰子さん

東百合丘在住 60歳

4月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク