麻生区版 掲載号:2019年4月19日号
  • LINE
  • hatena

麻生区公示地価 駅前商業地 堅調に上昇 住宅地は横ばい傾向続く

経済

 全国の住宅地と商業地、工業地の土地取引指標となる公示地価(1月1日時点)が、国土交通省から先月公表された。麻生区は商業地と住宅地40地点が調査され、新百合ヶ丘駅周辺の商業地が堅調な伸びを見せる一方、住宅地は横ばいの状態が続く結果となった。

 県内で調査された1746地点のうち、麻生区は商業地5地点、住宅地35地点の価格が公表された。前回調査と比較した区内の平均変動率は商業地が4・4%、住宅地0・2%の上昇。市全体の平均変動率は商業地(56地点)が4・8%、住宅地(185地点)も1・7%の上昇を見せており、麻生区は住宅地で市の状況と開きが見られた。

 区内商業地の最高地価は新百合ヶ丘駅南口の「上麻生1丁目5番3」が1平方メートルあたり118万円で、前年111万円から6・3%上昇した。他の4地点でも変動率は上昇しており、全5地点の平均価格55万6800円/平方メートルは、昨年の52万9千円から4・4%の上昇となった。

 一方、住宅地では「百合丘2丁目11番3」の37万6千円/平方メートルが区内の最高地価で、前年から1・3%の上昇。全35地点の平均価格は20万5400円/平方メートルで、昨年の20万4700円と比べ、ほぼ横ばいの状態にとどまった。

 麻生区は丘陵地の開発が進み、敷地規模が比較的大きい住宅が多いエリア。市財政局は、駅から距離があり、敷地が分割できないといった土地の需要が弱いとして、その特徴が麻生区で顕著に表れたと分析する。

地下鉄延伸の進捗に期待

 ここ数年続く区内の傾向について、三井住友トラスト不動産(株)新百合ヶ丘センターの永尾隆行所長は「駅から徒歩15分圏内の戸建て、マンションは堅調で、多摩線沿線の分譲地も人気が高い。今後、地下鉄延伸のルートが具体的になるなど、将来に向けたまちづくりが進んでくれば周辺の土地から波及して区内の評価が高まることも期待できるのでは」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6件

水飲み場「耐震」53校に

市立小中

水飲み場「耐震」53校に

5月17日号

緑地維持推進 計画を改定

新百合ヶ丘駅周辺

緑地維持推進 計画を改定

5月17日号

「全部で結果を残す」

桐光学園サッカー部西川潤選手

「全部で結果を残す」

5月1日号

区内各地 再整備加速へ

木村医師 国連本部で講演

GW、6割超が一部診療

市医師会加盟機関

GW、6割超が一部診療

4月26日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク