麻生区版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

地域で支える芸術祭 20日開幕 今年で11回目

文化

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
配布中の公演パンフレット
配布中の公演パンフレット

 音楽や演劇など多彩な公演を新百合ヶ丘駅周辺で開催する芸術祭「アルテリッカしんゆり2019」が、明日4月20日に開幕する。昨年10回目を迎え、今年も大型連休の新百合ヶ丘を芸術で盛り上げる。

 新百合ヶ丘には昭和音楽大学や川崎市アートセンターなど芸術に関する施設が集まり、多くの芸術家やアーティストが暮らす。同祭は芸術文化が根付くまちの魅力を市内外に発信する取り組みとして、2009年に開始。毎年4月末から5月上旬の大型連休前後に開催されており、2万人以上が来場する。出演するのは川崎市や麻生区を活動拠点とするなど地域にゆかりがあり、国内外で活躍するアーティストたち。また、運営や企画には200人以上の市民ボランティアが携わり、同祭の裏方を担っている。

今年は31演目40公演

 11回目の今年は、麻生市民館や昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ等9会場で31演目40公演を行う。内容は、オペラやクラシック、バレエ、演劇、能・狂言、ダンスなど多岐に渡るのが特徴だ。日本の伝統楽器とジャズの融合や、赤ちゃんを対象にした演劇「ベイビーシアター」など、同祭ならではの老若男女が楽しめる演目も。

 同実行委員会の一人は「どれをとっても楽しめるラインナップ。ゴールデンウィークの1日でも2日でも全部でも、気になる公演に来ていただきたい」と話している。公演詳細は事務局【電話】044・952・5024、【URL】http://www.artericca-shinyuri.com/へ。

麻生区版のトップニュース最新6

夜間部縮小、再編へ

市立高校定時制

夜間部縮小、再編へ 教育

昼間部は拡大 需要に変化 

12月6日号

若手農家、イチゴに着目

若手農家、イチゴに着目 経済

都市型農業の可能性探る

12月6日号

里山学習 地域へ発信

東柿生小6年

里山学習 地域へ発信 文化

初の体験企画を児童発案

11月29日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

布で楽しませ40年

ぐるーぷ・もこもこ

布で楽しませ40年 社会

リリオスで「あゆみ」展

11月22日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 経済

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

桂米多朗さんが登場

桂米多朗さんが登場

12月に「しまりす寄席」

12月15日~12月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク