麻生区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

先月から麻生警察署の署長を務める 大村 哲郎さん 千代ヶ丘在住 59歳

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

警察人生40年の集大成

 ○…今春、自身初めての警察署長に。捜査一課や交通捜査課など現場の担当が長かったため、内示が出たときは驚いたという。就任からひと月が経ち「口下手なので、イベントのあいさつとかはちょっと慣れない」と苦笑い。しかし、意気込みを尋ねると目つきが変わる。「特に振り込め詐欺については、手口に関する広報や家庭内で注意し合う環境づくりなど、まち全体で防犯に取り組んでいきたい」と強く語る。

 ○…宮崎県出身。少年時代は田畑を駆けまわり、剣道の練習に精を出した。高校卒業後に警察官になろうと思っていたところ、地元で偶然目についたポスターをきっかけに神奈川県警へ。キャリアの中では、3Dプリンター銃製造事件や東名のあおり運転事件など、社会への反響が大きい事件も担当。家に帰れず犯人を追いかける日々を「いい仕事をしてきた」と胸を張る。警察のハードな仕事内容に「3回は辞めたいと思ったこともあった」が、辛いときは警察学校の同期や同僚といった仲間の存在に救われてきた。その経験から「時代は変わったが、警察にとって同じ釜の飯を食うような仲間意識は大切だと思う」。

 ○…麻生区の印象は「のどかでまちがきれい。うぐいすが鳴いてヤモリもいる」とにっこり。体を動かすことが好きで、先の休日には桜の咲く麻生川沿いをジョギングした。現在は横浜の家族と離れ、単身赴任中。慣れない自炊に悪戦苦闘中だ。

 ○…「警察官は侍であれ」――。昔、上司に言われた言葉が今も胸に残る。「弱きを助け、強きをくじくのが警察官。体力、気力を培うための武道にも力を入れたい」と抱負を語る。麻生警察署長は警察人生の集大成。「約40年の経験を署員に伝え、区民のためになる強くてやさしい警察官を育てたい」と情熱を込める。

麻生区版の人物風土記最新6

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

藤田 直哉さん

東日本大震災にまつわる文芸誌「ららほら」を編著、創刊した

藤田 直哉さん

日本映画大学専任講師 36歳

5月31日号

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

斎藤 泰子さん

4月で1周年を迎えた「しんゆり交流空間リリオス」の運営に携わる

斎藤 泰子さん

東百合丘在住 60歳

4月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク