麻生区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

先月から麻生警察署の署長を務める 大村 哲郎さん 千代ヶ丘在住 59歳

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

警察人生40年の集大成

 ○…今春、自身初めての警察署長に。捜査一課や交通捜査課など現場の担当が長かったため、内示が出たときは驚いたという。就任からひと月が経ち「口下手なので、イベントのあいさつとかはちょっと慣れない」と苦笑い。しかし、意気込みを尋ねると目つきが変わる。「特に振り込め詐欺については、手口に関する広報や家庭内で注意し合う環境づくりなど、まち全体で防犯に取り組んでいきたい」と強く語る。

 ○…宮崎県出身。少年時代は田畑を駆けまわり、剣道の練習に精を出した。高校卒業後に警察官になろうと思っていたところ、地元で偶然目についたポスターをきっかけに神奈川県警へ。キャリアの中では、3Dプリンター銃製造事件や東名のあおり運転事件など、社会への反響が大きい事件も担当。家に帰れず犯人を追いかける日々を「いい仕事をしてきた」と胸を張る。警察のハードな仕事内容に「3回は辞めたいと思ったこともあった」が、辛いときは警察学校の同期や同僚といった仲間の存在に救われてきた。その経験から「時代は変わったが、警察にとって同じ釜の飯を食うような仲間意識は大切だと思う」。

 ○…麻生区の印象は「のどかでまちがきれい。うぐいすが鳴いてヤモリもいる」とにっこり。体を動かすことが好きで、先の休日には桜の咲く麻生川沿いをジョギングした。現在は横浜の家族と離れ、単身赴任中。慣れない自炊に悪戦苦闘中だ。

 ○…「警察官は侍であれ」――。昔、上司に言われた言葉が今も胸に残る。「弱きを助け、強きをくじくのが警察官。体力、気力を培うための武道にも力を入れたい」と抱負を語る。麻生警察署長は警察人生の集大成。「約40年の経験を署員に伝え、区民のためになる強くてやさしい警察官を育てたい」と情熱を込める。

麻生区版の人物風土記最新6

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

麻生区・中原区担当 

10月18日号

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

実例から学ぶ地域づくり

実例から学ぶ地域づくり

牧岡英夫さん講演会

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク