麻生区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん 東京2020に「川崎愛」 「算数ドリル」、次の一手も

スポーツ

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

 令和の時代が始まり、1年2カ月後に迫った東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京2020)。その大会を盛り上げる火付け役が元川崎フロンターレ(以下、川崎F)プロモーション部部長の天野春果さんだ。川崎での経験、現在の競技大会組織委員会での取り組み、将来ついて語ってもらった。

――天野さんが組織委員会に参加したきっかけは

 「スポーツを学びたくて米国に留学した時、ボランティアで加わったアトランタ五輪で街が一色になったことが忘れられなくて。長野冬季五輪、サッカー日韓W杯にもスタッフとして活動し、一大スポーツイベントで残るは自国開催の夏の五輪のみだと。私の目標はスポーツの力でこの国を変えること。自国で行われるアマチュアの祭典を経験することが目標達成につながると思ったんです」

――今年4月に都内の全公立小学校に東京2020の算数ドリルを配布されたそうですね。川崎F時代にも天野さん発案のドリルは話題でした

 「算数ドリルなら子どもたちが楽しく学べ、東京2020の機運醸成にもなると思って。ただ、川崎で前例があっても一筋縄ではいきませんでした。企業数社の協力を頂き、まず発信力のある渋谷区をモデルエリアとして昨年試験的に導入しました。メディアにも取り上げられ、約1年かけ都内全域に広げました。計画を実行できた達成感と同時に、上丸子小(中原区)から始めた川崎Fドリルでご協力頂いた、川崎の学校の先生やサポーター、地域の方にも改めて感謝ですね」

――川崎F時代にも次々と企画を打ち出しました

 「地域や川崎Fに愛着をもつ方々の声や考えに耳を傾け、立案することを心掛けていました。スポーツは強さも大事だけど、愛されることがもっと重要。川崎での経験が原点です」

――川崎市民が東京2020を楽しむコツとは

 「川崎は羽田の玄関口で地理的に競技会場が近い。観戦だけでなく外国人とも交流できる環境です。英国陸上チームのキャンプ地ですし、藤子・F・不二雄ミュージアム、民家園、岡本太郎美術館など外国人に人気の観光スポットがあります」

――委員会の任期を終えた後の予定は

 「今までの経験をプロスポーツの現場に生かし、その街や日本を幸せにしたい。川崎フロンターレと再契約できたら嬉しいですね。かつて川崎はスポーツ不毛の地と言われていましたが、むしろ日本有数のポテンシャルがある街だと思います。特にサポーターが素晴らしい。もし戻ったら仕掛けたいやりたいことはたくさんあります(笑)」

麻生区版のローカルニュース最新6

はじめてのヨガ体験

【Web限定記事】しんゆり交流空間リリオス

はじめてのヨガ体験 社会

3月27日 体を動かしてリラックス

3月5日号

乾物でおいしい防災食

乾物でおいしい防災食 社会

リンクママが調理紹介

3月5日号

春の旧黒川村を歩く

春の旧黒川村を歩く 文化

4月12日 麻生の歴史散策

3月5日号

東柿生小 石井さんが金賞

川崎西法人会

東柿生小 石井さんが金賞 教育

税の絵はがきコンクール

3月5日号

「なぜ日本で英語講師に」

「なぜ日本で英語講師に」 文化

市民館主催 オンライン講演

3月5日号

クリスマスローズ講習

クリスマスローズ講習 社会

7日、岡上 季の庭で

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク