麻生区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

王禅寺みどり町会 空き家活用し交流場に 市内初のモデル事業

社会

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
みどり町会サロンの前に立つ町会メンバー
みどり町会サロンの前に立つ町会メンバー

 区内王禅寺みどり町会が、空き家を活用して町内会館「みどり町会サロン」をオープンさせた。市と川崎市住宅供給公社が連携して行う地域主体の空き家活用事業として、市内で初めての取り組みだ。

 王禅寺みどり町会は王禅寺西1丁目の一部と3丁目の一部が範囲で、1966年に設立。現在は約400世帯が入会する。

 市は、約2年前から建物や住民の高齢化が進む麻生区、王禅寺エリアに空き家活用事業を提案し、同町会が賛同。同町会は中川嘉憲会長(83)ら役員7人の運営準備委員会を立ち上げ、昨年1月から市や関係者と一緒に空き家の活用事例等について勉強会を実施。町内の空き家を調査し、活用に前向きな回答があった3件のうち1件と、昨年7月から交渉を開始した。

 交渉先の所有者は「(所有者の)母が町会にお世話になったので役に立てれば」と交渉はスムーズに進み、所有者と覚書を締結。今年1月から試行運用。4月から正式にオープンとなった。同町会には今まで町内会館がなかったため、役員会などは近隣の施設を借りて行っていた。中川会長は「町内で集まれる場所があるのはありがたい」と話す。

月一茶話会を実施

 「みどり町会サロン」は床面積72平方メートルの木造2階建の一戸建住宅で20人ほどが入ることができる。同所では、地域住民が交流できる茶話会を月一回開催。「気軽におしゃべりできる場がとっつきやすいかと思って」始めたと語るのは運営委員の串田桂子さん(64)。健康体操や頭の体操ゲーム、食事、健康・栄養に関するミニ講座を行い、多世代交流を図る。広瀬清志副会長(76)は「まずは場所を知ってほしい。子ども会や将棋、手芸の集まりなど活用が広がれば」と話す。

 2013年の住宅・土地統計調査によれば、市内には一戸建ての空き家が6510戸あり、世帯が長期不在、取り壊し予定になっている住宅は3590戸と半数以上を占める。市の担当者は「空き家のスペース活用をほかの地域でも進めていきたい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

農家の果実酒醸造 解禁へ

農家の果実酒醸造 解禁へ 経済

市、県内初の特区を申請

1月24日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域の将来 語る場創出

麻生区

地域の将来 語る場創出 社会

初回会議 1月末に開催

1月17日号

将来見据えた地域づくり

多田区長インタビュー

将来見据えた地域づくり 社会

コミュニティ構築に重点

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

先読む力 令和に開花

片平小4年福田佳朋君

先読む力 令和に開花 文化

囲碁全国大会 3度目出場

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

    1月24日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

    1月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク