麻生区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

家族が考えるひきこもり 親の会有志が10月講演会

教育

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
「プレシャス」のメンバー
「プレシャス」のメンバー

 社会的ひきこもり当事者の家族ができることを考える講演会が、10月26日(土)に麻生区役所で開催される。主催の「子育て支援の会 プレシャス」は、子育ての悩みを持つ親同士の会から発足した、区内の市民団体だ。

 同講演会は、麻生市民館市民自主企画事業「何歳になっても子は宝物」の第3回目。講師は不登校やひきこもり経験があり、現在は(一社)ひきこもりUX会議代表理事の林恭子さん。集団生活の違和感、人間関係の不信感等からひきこもりになった当事者の心を理解するために、家族ができることは何か、一緒に考える。

 「登戸や練馬での事件後、ひきこもりが犯罪者予備軍と受け取られるような報道もあった」と話すのは同会の鈴木裕子代表(57)。「親の立場だとすぐに『自分の子どもは大丈夫か』と結びつけてしまう。どう生きるのが一番幸せか、家族だけではなく地域の人にも何か引っかかってくれれば」と幅広く参加を呼びかける。

子育て支え合う

 同会は幼児から成人の子どもを持つ親が月に1度集まって悩みを話し、情報交換する「しんゆり親の会 Our Place」の有志で結成された。親の会の井上絵里さん(49)は「近所や学校のママ友とも違うのでかえって気軽に話せる場。気持ちを共有して、前に進み始めている参加者も多い」と語る。

 講演会は同所第1会議室(4階)で午後2時から4時。先着150人。申込みは麻生市民館【電話】044・951・1300へ。

麻生区版のローカルニュース最新6

禅寺丸柿を植え替え

禅寺丸柿を植え替え 文化

保存会が麻生区役所で

2月21日号

胸が白いカラス舞う

胸が白いカラス舞う 社会

鳴き声も独特

2月21日号

「性別とは何か、自分事に」

「性別とは何か、自分事に」 社会

麻生市民館で上映

2月21日号

支え合いの地域づくり共有

支え合いの地域づくり共有 社会

23日区役所で講演

2月21日号

レビューで川崎に希望を

レビューで川崎に希望を 文化

3月13日から定期公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

川崎西税務署

2月21日号

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩 教育

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩

3月11日~3月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク