麻生区版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

新百合ヶ丘駅 街角ピアノ 評判は上々 多い日は70人が演奏も

文化

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
演奏が始まると多くの人が足を止めた(23日撮影)
演奏が始まると多くの人が足を止めた(23日撮影)

 芸術文化振興策の一環として、今月17日から新百合ヶ丘駅に誰でも自由に演奏できる「ストリートピアノ」が設置された。駅利用者は不意に聞こえてくるピアノの音色に足を止め、演奏の様子を楽しんでいる。

 駅コンコースに置かれた「しんゆりステーションピアノ」は川崎市と小田急電鉄(株)、新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアム、昭和音楽大学の4者が実施。

 23日は午前10時から午後1時までに11人が演奏を披露。町田市から訪れ、米津玄師作曲の「パプリカ」を演奏した八木友也くん(鶴川第二小5年)は「恥ずかしくて緊張したけど、練習してまた挑戦したい」と話していた。

 見守りで訪れていた昭和音楽大学関係者は「日によっては70人ほどが演奏している。駅利用者の評判も良く、演者からも調律が整っていると好評」と手ごたえを語る。

 ピアノは12月25日(水)まで現在の場所、来年1月7日(火)から3月15日(日)まで小田急マルシェ新百合ヶ丘2階に設置される。演奏可能時間は年内が午前10時から午後5時(土日祝は6時)、1月からは午前10時から午後6時まで。問合せは市まちづくり局【電話】044・200・2730へ。

麻生区版のローカルニュース最新6

5年かけて大輪咲く

5年かけて大輪咲く 文化

植栽普及会ヤマユリ展示

7月10日号

夏休み親子教室中止

区文化協会

夏休み親子教室中止 文化

小5俳句募集も

7月10日号

「川崎愛」一曲に込めて

「川崎愛」一曲に込めて 社会

ミュージシャン65人が出演

7月10日号

途上国支援 来年見据え

途上国支援 来年見据え 社会

チャリティーカット中止

7月10日号

路上利用の基準緩和

路上利用の基準緩和 社会

市、飲食店支援で

7月10日号

滋さん遺志継ぐ写真展

滋さん遺志継ぐ写真展 社会

拉致解決願い 市内各地で

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク