麻生区版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

川崎フロンターレ V奪還へ意気込み 昭和音大で新体制会見

スポーツ

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
サポーターを背に活躍を誓う新加入選手ら
サポーターを背に活躍を誓う新加入選手ら

 サッカーJ1・川崎フロンターレは今月11日、昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ(上麻生)で新体制発表会見を開いた。今季は複数のタイトル獲得を目標に掲げた一方、新しい地域密着の取り組みに意欲を示した。

 会見には、藁科義弘社長や鬼木達監督をはじめ、桐光学園出身のイサカ・ゼイン選手、フロンターレユース出身の三苫薫選手など新加入選手らが出席した。

 藁科社長はこの日集まった1246人のサポーターを前に「昨年末、優勝パレードができなかった。こんなに寂しいことはなかった。何としてもリーグ戦を奪還したい。そしてルヴァン杯も天皇杯もとりたい」と力を込めた。

 キャッチフレーズは「GET NEXT 青き意志とともに」。今季は「フロンターレの将来の基礎を作る」年と位置付け、多摩区の生田浄水場の跡地にスポーツ拠点「フロンタウン生田」を2022年秋の完成を目指して整備に取り組む。藁科社長は、若い有望な選手が次々と海外に流出する現状を踏まえ、「今後もフロンターレが常に優勝争いするクラブにするためには、未来のフロンターレ戦士を育てる拠点をつくらねばならない」と語った。防災拠点としても活用し「多摩区のランドマークにしたい」と意欲をみせた。

 一方、武蔵小杉駅前にオフィシャルグッズショップ「アズーロネロ」を今春移転オープンすることも明かした。カフェを併設し、バスケットボールBリーグ・川崎ブレイブサンダースのグッズも取り扱うなど、新しい地域密着のあり方をつくっていくことを強調した。

熱気に包まれた会見場
熱気に包まれた会見場

麻生区版のローカルニュース最新6

禅寺丸柿を植え替え

禅寺丸柿を植え替え 文化

保存会が麻生区役所で

2月21日号

胸が白いカラス舞う

胸が白いカラス舞う 社会

鳴き声も独特

2月21日号

「性別とは何か、自分事に」

「性別とは何か、自分事に」 社会

麻生市民館で上映

2月21日号

支え合いの地域づくり共有

支え合いの地域づくり共有 社会

23日区役所で講演

2月21日号

レビューで川崎に希望を

レビューで川崎に希望を 文化

3月13日から定期公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

川崎西税務署

2月21日号

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩 教育

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩

3月11日~3月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク