麻生区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた 井上 聰一(そういち)さん 下麻生在住 74歳

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

雰囲気のよい町を守りたい

 ○…「本当に先輩たちのおかげです。人間関係も優しく、街にいい雰囲気を作ってくれた。私はそれを壊さないようにしているだけ」。2009(平成21)年から自治会長を務め、麻生区町会連合会会計など要職を歴任してきた。

 ○…生まれも育ちも下麻生。「畑や田んぼが広がってね。木で作ったバットと紙のボールで野球ばっかりしていたよ」と懐かしむ。”甲子園”を目指し、高校は常連校の桜美林高校を選んだ。野球漬けの毎日で休みは年末年始の6日間だけ。「そのころは練習だけでなく、先輩後輩の関係も厳しくてね。でも、野球だけでなく、人生の大事なことはすべてグラウンドで教わったよ」という。惜しくも甲子園には行けなかったが、「何ごとも手を抜かない」気質は、その時に学んだ。

 ○…父親も自治会の役員を務めていた。「大変そうで、俺はそういうのはやらないようにしようと思っていたんだ」。40代で社会人になっても続けていた野球も、ヒジの手術などもあり、一線から退いた。地元の少年野球を教えはじめ、少しずつ地元との関わりを持つようになる。「先輩たちからも『学んだことを地元に還元しなきゃ』と言われてね。親父と同じだね」と笑う。

 ○…約1200世帯が下麻生自治会に加盟する。「平均年齢が高い地域の一つ。地震など、いざという時に備えて日ごろからのコミュニケーションが大切」という。さくら祭りや夏祭り、敬老会など多くの人が楽しめる年間行事のほか、気軽に楽しめる同好会のような活動にも力を入れる。「何事も役員の方や会員の皆さんが率先してやってくれるからね。安心して任せられる。私はずーっと受け継いできたこの素晴らしい雰囲気を守るだけ」

麻生区版の人物風土記最新6

築野 俊雄さん

【Web限定記事】あさお謡曲研究会 夕べの会の代表を務める

築野 俊雄さん

片平在住 71歳

3月5日号

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

和泉 杏奈さん

【Web限定記事】ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で麻生区、多摩区を担当する

和泉 杏奈さん

川崎市在住

2月19日号

松田 肇さん

麻生ヤマユリ植栽普及会の会長を務める

松田 肇さん

王禅寺東在住 75歳

2月12日号

鈴木 正視さん

令和2年度川崎市自治功労賞に選ばれた五力田町内会長の

鈴木 正視さん

五力田在住 73歳

2月5日号

竹市 八郎さん

地域でボランティア活動を続ける

竹市 八郎さん

万福寺在住 84歳

1月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク