麻生区版 掲載号:2020年6月5日号 エリアトップへ

区内高校生住田さん ステッカー作成し応援 ネット販売 WHOへ寄付

経済

掲載号:2020年6月5日号

  • LINE
  • hatena
自らデザインしたステッカーを持つ住田葉音さん
自らデザインしたステッカーを持つ住田葉音さん

 麻生区在住の住田葉音(はのん)さん(桐光学園高2年)が、自らブランドを立ち上げ、誰でも気軽に世界保健機構(WHO)に寄付できるシステムを作った。デザインしたステッカーを販売し、収益の一部を寄付する。「新型コロナウイルスと戦う世界の人々を応援する選択肢を増やしたい、そして身近にしたいと思い、活動を始めました」と住田さん。

 立ち上げたブランド名は「NONИOИ」(ノンノン)。自らデザインしたステッカーを販売し、WHOを通じて寄付することで、医療従事者など世界で新型コロナを終息させるために活動している人を応援できるシステムを作った。

 昨年8月からアメリカ・オハイオ州で交換留学をしていた住田さん。今年夏までホームスティする予定だったが、新型コロナの影響で急きょ3月末に帰国した。帰国直前、各国から留学している友だちから世界各地で起こっている悲惨な状況を改めて知った。「今できることはないか」と行動を起こした。

 「私同様、何かしたいのに、何をしたらいいかを迷っている人も多いはず」。多くの人が参加しやすいように商品価格を設定し、デザインも外国人に興味を引いてもらえるように日本らしさを強調する一方、英語でのメッセージも載せた。

 購入できるのはステッカー5種類。留学時に知り合った友だちにも相談し、浮世絵やだるまなどをデザインした。1枚550円で販売し、経費を除いた全額を「WHOのための新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付をする。HP(https://nonnon2020official.com/)には、購入せずに寄付だけできるようにもなっている。

 「世界各地では今現在、大流行している場所もあります。何かしたい気持ちを形にしてもらえれば」と住田さん。

麻生区版のトップニュース最新6

子ども視点で「SDGs」推進

子ども視点で「SDGs」推進 教育

市民団体が企画開始

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 社会

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

「自己表現のパワー感じて」

ピカソ・カレッジ(古沢)

「自己表現のパワー感じて」 文化

市民館で初の作品展

7月16日号

「1000人合唱」9月に実現

麻生区出身新屋さん

「1000人合唱」9月に実現 文化

会場と動画組み合わせ 

7月16日号

オール岡上ワイン初完成

オール岡上ワイン初完成 経済

区内飲食店で提供へ

7月9日号

7割が着替え男女同室

市立小1、2年生

7割が着替え男女同室 教育

市教委、「現場対応」促進へ

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに伝統文化 継承

子どもに伝統文化 継承

「お箏教室」参加者募集

9月11日~12月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter