麻生区版 掲載号:2020年6月5日号 エリアトップへ

区内高校生住田さん ステッカー作成し応援 ネット販売 WHOへ寄付

経済

掲載号:2020年6月5日号

  • LINE
  • hatena
自らデザインしたステッカーを持つ住田葉音さん
自らデザインしたステッカーを持つ住田葉音さん

 麻生区在住の住田葉音(はのん)さん(桐光学園高2年)が、自らブランドを立ち上げ、誰でも気軽に世界保健機構(WHO)に寄付できるシステムを作った。デザインしたステッカーを販売し、収益の一部を寄付する。「新型コロナウイルスと戦う世界の人々を応援する選択肢を増やしたい、そして身近にしたいと思い、活動を始めました」と住田さん。

 立ち上げたブランド名は「NONИOИ」(ノンノン)。自らデザインしたステッカーを販売し、WHOを通じて寄付することで、医療従事者など世界で新型コロナを終息させるために活動している人を応援できるシステムを作った。

 昨年8月からアメリカ・オハイオ州で交換留学をしていた住田さん。今年夏までホームスティする予定だったが、新型コロナの影響で急きょ3月末に帰国した。帰国直前、各国から留学している友だちから世界各地で起こっている悲惨な状況を改めて知った。「今できることはないか」と行動を起こした。

 「私同様、何かしたいのに、何をしたらいいかを迷っている人も多いはず」。多くの人が参加しやすいように商品価格を設定し、デザインも外国人に興味を引いてもらえるように日本らしさを強調する一方、英語でのメッセージも載せた。

 購入できるのはステッカー5種類。留学時に知り合った友だちにも相談し、浮世絵やだるまなどをデザインした。1枚550円で販売し、経費を除いた全額を「WHOのための新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付をする。HP(https://nonnon2020official.com/)には、購入せずに寄付だけできるようにもなっている。

 「世界各地では今現在、大流行している場所もあります。何かしたい気持ちを形にしてもらえれば」と住田さん。

麻生区版のトップニュース最新6

活動の場広げ20年

芸術のまちコンサート

活動の場広げ20年 文化

来月で演奏会145回目

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

読響と協力しコンサート

はるひ野町内会

読響と協力しコンサート コミュニティ社会

会場とオンラインで初開催

11月13日号

年内にワイン醸造開始

農業法人カルナエスト

年内にワイン醸造開始 経済

特区認定受け、免許取得

11月13日号

黒板アートで全国1位

金程中美術部

黒板アートで全国1位 文化

同校から2年連続

11月6日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク