麻生区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

片平公園 新設トイレ来春完成 要望多数 地元の声受け

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
便器が一つしかない現在のトイレ
便器が一つしかない現在のトイレ

 野球場を併設する片平公園に新しいトイレが設置される。9月中旬から工事が行われ、完成は来年2月を予定。これまで1つしか便器がなく、球場利用者や近隣住民から新設を望む声も多かった。また地元自治会では整備を機にペット同行避難も計画している。

 小田急多摩線五月台駅そばに立地する片平公園。遊具のほか少年野球場もあり、多くの人が利用するが、男女兼用トイレが一つしかなく、老朽化が進んでいた。利用者からは「少年野球の大会時は多くの子どもたちが集まる。女の子もいて、かわいそうだ」と新設を望む声があがっていた。

 市は今年4月までに完成するよう昨年秋に入札を行ったが、不調だったため、今年7月に再度入札を行い成立した。新設されるトイレは男女に分かれ、それぞれ大便器1つと小便器2つ設置。多目的トイレも作られる。

ペット同行避難

 小田急さつき台自治会など地元自治会では、トイレ改修を機に、片平公園をペット同行避難ができる公園にしようと計画を進めている。同自治会によると同地区はペットを飼う家庭が多く、同行避難は切実な地域の課題として取り組んできた。

 トイレが今春に完成していれば、ペット同行避難訓練を行っている栗平白鳥自治会の協力を得て、少年野球場で訓練を行う予定だった。「トイレがあれば大人数が集まっても安心して活動ができる。災害時は水が流れないなど利用できないが、簡易トイレ設置の訓練も行い、十分活用したい」と同自治会。

 同地区のペット同行避難については規約なども整備され、実現へと進んでいる。小田急さつき台自治会自主防災組織の土屋隆俊本部長は「課題を見つけるためにも訓練を行い、必要な設備なども確認したい」と話す。
 

麻生区版のトップニュース最新6

世界挑戦と介護職 両立

川崎新田ジム黒田選手

世界挑戦と介護職 両立 スポーツ

11月、1年半ぶり復帰戦

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

子どももシニアも「顔見知り」

区市民提案型協働事業

子どももシニアも「顔見知り」 社会

食育通じて世代交流

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 社会

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

再整備に向け調査開始

北部市場

再整備に向け調査開始 経済

民間アイデア活用へ

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク