麻生区版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

金程中美術部 黒板アートで全国1位 同校から2年連続

文化

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
受賞作と右から濱田さん、永田さん、加藤さん
受賞作と右から濱田さん、永田さん、加藤さん

 市立金程中学校の美術部3人が黒板に描いた作品が先月、全国大会「黒板アート甲子園」のジュニアの部で最優秀賞に輝いた。同校からの最優秀賞は2年連続。受賞作は「壁に掛けられた黒板が後ろに倒れたら…」と、生徒が日頃眺めている黒板の裏側に広がる世界を想像した。

 同大会は、黒板やホワイトボードを販売施工する日学(株)(東京都)が主催し、2015年に開始。今年度は全国の中高生から4部門に135点の応募があった。

 中学生対象の部門で応募数27点から最優秀となったのが、『セカイ創造』。同校美術部2年の加藤純菜さん、永田優奈さん、濱田結さんの3人が図書室の黒板に手がけた作品だ。黒板が倒れたら広がっている「見たことのない景色」を想像し、海やドラゴン、四季を表した4つの島などのモチーフをカラフルに描いた。使用したチョークは10色以上。濱田さんは「学生のときしか使わない黒板を、絵に取り入れたかった」と思いを話す。審査員からは「細かい部分までストーリーが組み立てられているようで、長く眺めていても飽きが来ない作品」と評価された。

 「こんなに大きい面積に描くのは初めてだった」と振りかえる加藤さん。海など塗りつぶしの作業には、チョークをこする以外に筆を使うなど技法も工夫した。受賞を聞き、永田さんは「入賞したいと思っていたけれど、最優秀は誤報なんじゃないかと思った」と驚くも、喜びを見せた。

 今後は「高校生の作品のような立体感のある黒板アートを描きたい」と話す濱田さん。来年の出場にも意欲を見せる。

麻生区版のトップニュース最新6

活動の場広げ20年

芸術のまちコンサート

活動の場広げ20年 文化

来月で演奏会145回目

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

読響と協力しコンサート

はるひ野町内会

読響と協力しコンサート 社会

会場とオンラインで初開催

11月13日号

年内にワイン醸造開始

農業法人カルナエスト

年内にワイン醸造開始 経済

特区認定受け、免許取得

11月13日号

黒板アートで全国1位

金程中美術部

黒板アートで全国1位 文化

同校から2年連続

11月6日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク