麻生区版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

麻生と私 第1回 区制40周年プレ企画 いつまでも郷土愛を 中山 茂さん (84才)=片平在住

社会

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
故郷への思いを語る中山さん
故郷への思いを語る中山さん

 生まれも育ちも片平。柿生村だった頃から、代々続く農家の長男として、このまちで暮らし、移り変わりを見つめ続けてきた。地域の特産でもある禅寺丸柿の保存会の会長、川崎フロンターレの応援組織である麻生アシストクラブの会長などを歴任し、長年まちづくりに関わり続ける。

 辺りがまだ里山だった少年時代。舗装のない道を荷物を背負って、小学校の分教場に通っていたことが印象に残る思い出だ。野球が得意だったこともあり、スポーツに関心があった。小学3年生の頃から新聞記事を収集。2017年、80歳の節目には「郷土愛という夢〜新聞記事収集70年 世相の記録とともに〜」を上梓した。

 「ふるさと意識が薄らいできているように感じる。郷土愛精神を持っていてほしい」-。そう語るには理由がある。禅寺丸柿もそうだが、昔から親しまれ、続けられてきた行事が徐々に減ってきた。そうした行事や慣習があって、今のまちが育まれてきたからだ。「小田急多摩線ができてから急速に変わっていった。それまでのふるさとのことを子どもたちや、大人にも知ってもらいたい」。その思いから地域で活動を続けている。

 まちの開発とともに、生活が便利になり、人口も増えてきた麻生区。来年、区制40周年を迎えるが、今後、地下鉄の延伸など、これからも発展が見込まれる。「まちが変わっても、昔のように人と人の心が通う交流、心の豊かさがわかるまちになってほしい。フロンターレをはじめとしたスポーツでの活性化に期待したいし、歴史を尊ぶようなまちになってほしいね」。これからも、郷土愛を大事にしたまちづくりを願い、自らも活動を続けていく。

中山さんが手掛けた本『郷土愛という夢』
中山さんが手掛けた本『郷土愛という夢』

麻生区版のローカルニュース最新6

校庭でポニーとふれあい

校庭でポニーとふれあい 教育

「寺子屋あさお」が麻生小で

10月15日号

記念講演「俳句を楽しむ」

記念講演「俳句を楽しむ」 文化

麻生区文化祭「俳句大会」で

10月15日号

新百合に全日本プロレス

新百合に全日本プロレス スポーツ

22日、初の主催大会

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

バレー女子NEC

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

多様性重視 残る課題

検証 福田市政㊦

多様性重視 残る課題 政治

継続・発展性の追求を

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ヤマユリの植え替え実演

ヤマユリの植え替え実演

11月10日 麻生市民館で

11月10日~11月10日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook