麻生区版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

麻生区保護司会 10周年に記念誌作成 これまでの歩みを記録

社会

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
記念誌を手にする理事たち
記念誌を手にする理事たち

 創立10周年を迎えた麻生区保護司会(中山厚夫会長)がこのほど、これまでの歩みを記した記念誌を作成した。罪を犯した人たちの改善・厚生を助け、犯罪のない明るい社会を目指して活動を行う同会。「更生保護の思いを一つに、今後も活動していきたい」と中山会長は話す。

 犯罪や非行をした人たちへの面談等を通じて改善・更生を助け、犯罪予防のための啓発活動を行う保護司。

 麻生区保護司会が創立したのは、2011年3月。それまで多摩・麻生区保護司会として活動を行っていたが、2010年に相模原市が政令指定都市に移行した際、保護司会も区ごとに分かれたことを受けて、地域の特性を生かそうと、多摩区と麻生区を分割した。

 以降、各々が保護司として活動し、会では「社会を明るくする運動」の街頭キャンペーンや、区内の中学校を対象にした「作文コンテスト」、区内の小学1・2年生を対象に川崎フロンターレと連携した「サッカー教室」といった活動を通じて、安全安心な明るいまちづくりに取り組んでいる。

情報の共有を

 今回、創立10周年を迎え、これまでの活動の歴史をまとめた記念誌を作成。思い出の写真や、これまで保護司を務めてきた人たちの紹介、年度ごとの活動、各部会の活動の記録などをまとめた。

 完成した記念誌は、区内の民生委員や、社会福祉協議会、警察、行政、小・中学校、高校などに配布される予定。中山会長は「今後、20周年、30周年を迎える時のためにも、これまでの活動の記録としてまとめたかった」と作成の意図を語る。

 今年4月1日時点で定数の27人、42歳から77歳のメンバーが所属する。「年代が分かれていて、調和がとれた会。コロナ下で対象者との面談や、会の会議ができない中、いかに情報を共有するか。人材確保も課題。歴代の会長たちが築いてきた地盤、雰囲気を継承しながら、これからも社会のために活動していきたい」と抱負を語った。

麻生区版のトップニュース最新6

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

感染対策で修繕特別賞

グリーンタウンポプラ街区

感染対策で修繕特別賞 社会

業界団体「他の模範になる」

6月11日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

川崎・町田 両市が連携

6月4日号

子ども食堂で手芸品配布

地域ボランティア

子ども食堂で手芸品配布 社会

 保護者支援 寄付の布使って 

6月4日号

「子ども目線の原爆」本に

金程在住横田さん

「子ども目線の原爆」本に 教育

語り部 森政さんが題材

5月28日号

「ボール禁止」 看板を変更

市内公園

「ボール禁止」 看板を変更 社会

市、規制からマナー啓発へ

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter