麻生区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

新百合ヶ丘 「安心安全やさしい駅に」 熊澤駅長が着任

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
改札前に立つ熊澤駅長
改札前に立つ熊澤駅長

 乗降者数は1日平均12万8千人、小田急線の全駅の中で唯一、特急ロマンスカーを含めすべての種類の電車が停車する新百合ヶ丘駅。同駅の駅長に熊澤巌さん(50)が先月着任した。駅やまちの印象は「昔は駅から映画学校(現・日本映画大学)の建物が見えていた。急速に発展してきたと感じる」と変わりぶりに目を見張る。

 座間市で生まれ育ち、小田急線は身近な存在だった。鉄道好きが高じ、約30年前に入社。駅員仕事は「チームで動くことが楽しさ」と感じている一方で、「お客様の安全を守るという緊張感は計り知れない」。

 同駅長は新百合ヶ丘から唐木田までの多摩線を管轄。約90人の部下には「安心して利用いただける環境を作っていこう」と呼びかける。定時運行や迅速な忘れ物対応はもちろん、今はコロナの罹患者を出さないことも重要事項だ。「安心のためには安全を確保することが第一。駅員間で感染が広がっていないのは一人ひとりの努力の賜物」とねぎらう。

 同駅では近年、ストリートピアノや地元野菜販売など地域と連携したイベントが盛況。多摩線の駅でも「黒川で読売日本交響楽団と、栗平ではグラウンドのある川崎フロンターレと何かできれば。子ども向けイベントもぜひと思っている」と期待を込める。

 地下鉄延伸も予定され今後の発展が見込まれる新百合ヶ丘。「すべてのお客様にやさしく、愛される駅でありたい」

麻生区版のローカルニュース最新6

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ 文化

10月29日 FAiCO出演

10月22日号

小中学生の作品募集

小中学生の作品募集 文化

特選はコンサートで朗読

10月22日号

応援メッセージ115点展示

RUN伴+あさお

応援メッセージ115点展示 社会

認知症にやさしいまちへ

10月22日号

しんゆりに南米の風

しんゆりに南米の風 文化

「アルパ」演奏会

10月22日号

旧王禅寺村を散策

旧王禅寺村を散策 文化

古刹とごみ処理施設見学

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ

10月29日 FAiCO出演

10月29日~10月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook