麻生区版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

柿の実幼稚園で眼科検診 市内初 小児の近視増受け

社会

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena
診察を行う檀之上理事長
診察を行う檀之上理事長

 柿の実幼稚園(上麻生、小島澄人園長)で6月28日、医療法人社団栄和会(中原区、檀之上和彦理事長)による無償の眼科検診が行われた。スマートフォンなどの普及によって小児の近視有病率が増加している昨今。同法人の呼びかけで市内の幼稚園で専門医による初の検診が実現した。檀之上理事長は「他の園でも実施できるよう呼びかけていきたい」と話す。

 国内の小学生の近視有病率は、6歳が60%以上、12歳で90%以上であると2019年に論文が発表され、6歳未満でも有病率が増加傾向にあるという。その原因は、スマートフォン等の普及によるデジタルデバイスの使用などが挙げられる。

 6〜8歳までに目の機能が確立されることから、視力異常の早期発見・治療が重要だとして、今回、市内でも有数の園児が多い同園で眼科検診が実現した。

 検診を実施したのは、年中、年長クラスの約570人。4日間で視力検査や、医師による診察、専用機器を使った眼位・眼軸、屈折異常等の検査が行われた。檀之上理事長は「予想以上に何らかの異常がある子どもが多かった」と診察した印象について語る。

 検査結果は、1カ月後に同園と保護者に手渡され、東邦大学と連携してデータ化もする予定。「データを解析することで、今後の検診体制の構築に役立てていきたい」と檀之上理事長。一方、小島園長は「30、40年前は眼鏡をかけている園児は少なかった。今は一割くらいがかけている。検診で保護者に異常に気づいてもらい、園児にも目が大事だとわかってもらえれば」と話す。

市にも要望

 現在、幼稚園や保育園での定期健診では眼科検診は行われていない。川崎市眼科医会(金子敏雄会長)では昨年末、川崎市に3歳児や未就学児、市の健診に眼科検診の充実を求める要望書を提出。眼科検診体制の構築を進めていく意向だ。

 同会の副会長も務める檀之上理事長は「神奈川県や日本眼科医会でも、眼科検診の体制構築に向けた動きがある。川崎市が先駆けてやることで、安心して生活できるまちにしていきたい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

ゆかりの麻生で遺作上映

女優原知佐子さん

ゆかりの麻生で遺作上映 文化

関係者が在りし日語る

9月17日号

認知症理解へ 民・官一体

世界アルツハイマーデー

認知症理解へ 民・官一体 社会

区役所で展示 動画作成も

9月17日号

区民「地盤調査しっかりと」

リニア中央新幹線

区民「地盤調査しっかりと」 社会

外環道事故受け、説明会

9月10日号

「月」語る癒しの場を

区内在住カメラマン

「月」語る癒しの場を 社会

週1回交流 延べ500人

9月10日号

囲碁全国大会で3位

王禅寺中央中高橋さん

囲碁全国大会で3位 社会

「次は高校で」優勝をめざす

9月3日号

2選手が総体準優勝

桐光学園高校水泳部

2選手が総体準優勝 スポーツ

100平、400個メで

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「二つ目落語会」

恒例の「二つ目落語会」

9月18日 棕櫚亭(西生田)で

9月18日~9月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook