麻生区版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

柿の実幼稚園で眼科検診 市内初 小児の近視増受け

社会

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena
診察を行う檀之上理事長
診察を行う檀之上理事長

 柿の実幼稚園(上麻生、小島澄人園長)で6月28日、医療法人社団栄和会(中原区、檀之上和彦理事長)による無償の眼科検診が行われた。スマートフォンなどの普及によって小児の近視有病率が増加している昨今。同法人の呼びかけで市内の幼稚園で専門医による初の検診が実現した。檀之上理事長は「他の園でも実施できるよう呼びかけていきたい」と話す。

 国内の小学生の近視有病率は、6歳が60%以上、12歳で90%以上であると2019年に論文が発表され、6歳未満でも有病率が増加傾向にあるという。その原因は、スマートフォン等の普及によるデジタルデバイスの使用などが挙げられる。

 6〜8歳までに目の機能が確立されることから、視力異常の早期発見・治療が重要だとして、今回、市内でも有数の園児が多い同園で眼科検診が実現した。

 検診を実施したのは、年中、年長クラスの約570人。4日間で視力検査や、医師による診察、専用機器を使った眼位・眼軸、屈折異常等の検査が行われた。檀之上理事長は「予想以上に何らかの異常がある子どもが多かった」と診察した印象について語る。

 検査結果は、1カ月後に同園と保護者に手渡され、東邦大学と連携してデータ化もする予定。「データを解析することで、今後の検診体制の構築に役立てていきたい」と檀之上理事長。一方、小島園長は「30、40年前は眼鏡をかけている園児は少なかった。今は一割くらいがかけている。検診で保護者に異常に気づいてもらい、園児にも目が大事だとわかってもらえれば」と話す。

市にも要望

 現在、幼稚園や保育園での定期健診では眼科検診は行われていない。川崎市眼科医会(金子敏雄会長)では昨年末、川崎市に3歳児や未就学児、市の健診に眼科検診の充実を求める要望書を提出。眼科検診体制の構築を進めていく意向だ。

 同会の副会長も務める檀之上理事長は「神奈川県や日本眼科医会でも、眼科検診の体制構築に向けた動きがある。川崎市が先駆けてやることで、安心して生活できるまちにしていきたい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

親子応援に25組協力

あさお子育てフェスタ

親子応援に25組協力 社会

9月 3年ぶり開催へ

8月12日号

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ

川崎の地酒

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ 社会

実行委、広い水田を検討

8月12日号

服交換で廃棄減へ

下麻生スタジオ

服交換で廃棄減へ 社会

児童らがモデルに挑戦

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

バトン世界選手権へ

麻生中3年川口さん

バトン世界選手権へ スポーツ

来月2日から伊で開催

7月29日号

初の広報文コンクール

麻生警察署

初の広報文コンクール 社会

34作品の音声録音、放送へ

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ競技「ボッチャ」を体験

パラ競技「ボッチャ」を体験

岡上こども文化センター

8月27日~8月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook