麻生区版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

麻生区出身新屋さん 「1000人合唱」9月に実現 会場と動画組み合わせ 

文化

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
合唱曲を手がけ、プロジェクトを進める新屋さん
合唱曲を手がけ、プロジェクトを進める新屋さん

 1000人で歌を歌いたい--。麻生区出身の音楽家・新屋賀子(しんやよりこ)さん(47)が作詞・作曲した合唱曲「いのちの地球(ほし)」を会場と動画を合わせて1000人で歌うプロジェクトが9月に開催される。新屋さんは「コロナの今の時代だからこそ、皆さんの前向きなエネルギーをひとつに膨らませていきたい」と抱負を語る。

 同プロジェクトを進めているのは、新屋さんと、新屋さんの思いに共感した地元有志による実行委員会。9月11日(土)に麻生市民館大ホールで実施する。合唱は、会場の客席で参加する方法(有料)か、事前録画した動画を投稿する方法で参加可能。遠方在住者や当日都合が合わない人も含め「1000人合唱」を実現させる。個人、団体、年齢性別やプロアマ問わず参加できる(詳細は公式HP、SNS)。

 新屋さんは「きれいな合唱をつくるのではなく、参加者の方々が自分らしく歌い、一体感や、そのパワーを体験してもらいたい」と話す。

夢のような話

 王禅寺東出身の新屋さん=多摩区在住=。臨床心理士の資格取得のために勉強をしていた2014年3月、津波のように山間部の村に水が流れ込んでいく夢をみた。「その後に、木が大きく育って、光に包まれていく、青い地球の姿に変わっていって。それに癒された感覚があった」。新屋さんは、これまで感動したことや、印象的なことを歌にしてきた。その夢をイメージして制作したのが「いのちの地球」だった。

 同曲をライブ等で演奏し、2015年には合唱曲にアレンジ。自身も参加する合唱団で歌うように。昨年、同合唱団の中から「1000人でこの曲を歌いたい」という声があがった。「自分でも大勢で合唱できたらと思っていた」という新屋さん。一方で、「大それた夢のような話だったので」と実現までは思い描いていなかった。

 昨年、コロナの感染拡大により、自身の音楽活動も中断。周囲に「1000人合唱」の話をすると、共感してくれた地元の仲間たちと昨年9月に実行委員会を結成。今年に入り、HPを作成し、SNSでも発信。現在、賛同してくれた人たちと、オンラインで練習を重ねている。

 新屋さんは「今回、初めての挑戦。コロナや災害など環境への不安がある中で、前向きなビジョン、エネルギーを皆さんと一緒に体験できれば」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

ゆかりの麻生で遺作上映

女優原知佐子さん

ゆかりの麻生で遺作上映 文化

関係者が在りし日語る

9月17日号

認知症理解へ 民・官一体

世界アルツハイマーデー

認知症理解へ 民・官一体 社会

区役所で展示 動画作成も

9月17日号

区民「地盤調査しっかりと」

リニア中央新幹線

区民「地盤調査しっかりと」 社会

外環道事故受け、説明会

9月10日号

「月」語る癒しの場を

区内在住カメラマン

「月」語る癒しの場を 社会

週1回交流 延べ500人

9月10日号

囲碁全国大会で3位

王禅寺中央中高橋さん

囲碁全国大会で3位 社会

「次は高校で」優勝をめざす

9月3日号

2選手が総体準優勝

桐光学園高校水泳部

2選手が総体準優勝 スポーツ

100平、400個メで

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook