麻生区版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

直に触れた五輪の空気 区内学生 ボランティア参加

スポーツ

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena
ボランティアのユニフォーム姿の仲江さん
ボランティアのユニフォーム姿の仲江さん

 数々の熱戦が繰り広げられた東京五輪。区内在住の大学生、仲江未帆さん(22)は、大会ボランティアとして運営を支えた一人だ。参加を振り返り「独特の緊張感と感動で、わくわくした期間だった」と笑顔で語る。

 麻生スポーツセンターやライフステーション新百合ヶ丘でアルバイトし、地域のスポーツ振興にも携わる仲江さん。東京開催が決まり、「これまでの大会を見て感動してきたオリンピックに、何かの形で関わりたい」と熱望。大学でボランティア募集を知って応募し、2019年3月に参加が決まった。

 しかし、感染症の影響で大会は1年延期に。「胸を張ってボランティアだとは言いづらかった」という状況もあり辞退も考えたが、「選手を応援したい」と初心に立ち返って参加した。

 期間中、仲江さんは競泳や飛込などが行われた、東京アクアティクスセンターで4日間活動。元々は観客案内を務める予定だったが無観客開催となったため、客席や手すりの消毒、バス移動する選手の見送りなどを担当した。

メダルの瞬間、間近に

 会場はメディアの多さや本番前の雰囲気に緊張感があったという。最も印象に残るのは、消毒作業中、競泳の大橋悠依選手が金メダルを獲得した瞬間に立ち会ったことだ。「会場一体がわーっと盛り上がり、『同じ空間にいるんだ』と感動した。ボランティアの醍醐味だと思う」と語る。

 ボランティア仲間からは周囲に対する気遣いを学んだ。「みんなが世界中から来た選手を喜ばせたい一心で、前向きに活動していた。そんな『おもてなしの心』を感じられたのは、大きな経験だった」と仲江さん。「これからも頑張っている人の力になりたい」と話している。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

強気プレーで県V

バドミントン

強気プレーで県V スポーツ

佐藤彩夏さん(上麻生在住高校2年)

11月26日号

地域住民と花壇づくり

長沢小3年

地域住民と花壇づくり 教育

諏訪公園に苗120本

11月26日号

エルミでクイズラリー

エルミでクイズラリー 社会

11月27日、28日の2日間

11月26日号

森の中が美術館

多摩美

森の中が美術館 文化

子育て世代が継承

11月26日号

冬の新ゆりをライトアップ

冬の新ゆりをライトアップ 社会

1年ぶりのマルシェも盛況

11月26日号

「いざ」という時に備えて

川崎市

「いざ」という時に備えて 社会

総合防災訓練に390人

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でオランダ旅体験

親子でオランダ旅体験

クリスマスカード作りも

12月4日~12月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook