麻生区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画 まちの魅力を「もっと」 中島健介さん(41才)=万福寺在住

社会

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
「モリノはスペイン語の水車に由来します」と話す中島さん
「モリノはスペイン語の水車に由来します」と話す中島さん

 新百合ヶ丘駅南口、商業ビルの上階に位置する「ホテルモリノ新百合丘」。別業種を経て2017年から同ホテルに携わり、今年4月に総支配人に就任した。祖父が「地域の人が集まる場所をつくりたい」と24年前に完成させた同ホテルを、「もっと素敵な場所にしよう」と活性化のための取り組みを続ける。

 5歳で麻生区に移住。電車で区外の学校に通っていたが、新百合ヶ丘駅周辺に残っていた山や竹林で弟と一緒に遊んだ。「自転車やボール遊びに、竹林ではタケノコ掘りもした」と笑顔で懐かしむ。当時のふるさとは「今より緑が豊かで、川向こうの東京とは時間軸が違う穏やかなところ」という印象だ。

 中2、小5、年中の自身の子どもにとってもふるさとになる麻生。家族でスーパーに買い物や映画を見に出かけることもしばしば。子育てしやすい環境だと、改めてまちの魅力を感じている。

 昨年秋には、中心となりホテルレストランのリニューアルを行った。ねらいは「地域密着のホテルとして、麻生区のお客様に行ってみたいと思われるようにしたい」。価格帯やメニューを変えカジュアルに。アフタヌーンティーも好評で、利用者が増えている。ホテル全体を見ながら根幹に持つ思いは、「良いものを提供し続けたい」。常に模索は続く。

 今後予定される地下鉄延伸で人流が横浜方面に行くことも予想される。だからこそ、若い世代も増えるしんゆりで生活がなんでも完結できるようになることを願う。「住んでいる人が楽しくなるような、名実ともにもっとステキなまちになってほしい」。ホテルとしては「まちのランドマークとして面白いアイデアを提供できれば」と盛り上げていく。

現在のメディカルモリノ(万福寺)周辺で芋掘り(1990年)
現在のメディカルモリノ(万福寺)周辺で芋掘り(1990年)

麻生区版のローカルニュース最新6

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ 文化

10月29日 FAiCO出演

10月22日号

小中学生の作品募集

小中学生の作品募集 文化

特選はコンサートで朗読

10月22日号

応援メッセージ115点展示

RUN伴+あさお

応援メッセージ115点展示 社会

認知症にやさしいまちへ

10月22日号

しんゆりに南米の風

しんゆりに南米の風 文化

「アルパ」演奏会

10月22日号

旧王禅寺村を散策

旧王禅寺村を散策 文化

古刹とごみ処理施設見学

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ

10月29日 FAiCO出演

10月29日~10月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook