麻生区版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

桐光学園サッカー部 神奈川制し全国へ 3年ぶりに王座奪還

スポーツ

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
先制点を入れる桐光(ライトブルーのユニフォーム)
先制点を入れる桐光(ライトブルーのユニフォーム)

 全国高校サッカー選手権大会神奈川県予選会の決勝が11月13日に等々力陸上競技場(中原区)で行われ、桐光学園が相洋(小田原市)を2対0で破り、全国大会出場を決めた。同校の選手権大会出場は、2018年以来3年ぶり12回目。

 3年連続、県予選の決勝で敗退していた桐光学園。今年の予選も勝ち進み決勝で当たったのが、6月のインターハイ県予選で苦杯を喫した相洋だった。「3年生はこれまで先輩がファイナルで負ける姿を見ていて、3度目の正直を決勝の舞台で果たそうとモチベーションを持ってやってきた。相洋には夏に負けていたので、これ以上ないシチュエーション。選手も奮起してくれた」と鈴木勝大監督は振り返る。

 試合が動いたのは前半8分。寺内倖大選手(3年)の左サイドからのクロスを、ベイリージャスティン勇誠選手(2年)がヘディングで中に折り返し、三原快斗選手(3年)が頭で押し込み先制。その後も桐光イレブンは仕掛けていくが、拮抗した展開で後半へ。

 後半、フリーキックをGK(ゴールキーパー)吉田優翔選手(3年)が好セーブするなど守備も光る中、豊田怜央選手(2年)が追加点。最後まで相手の得点を許さず、3年ぶりに神奈川大会を制した。

「気持ちが出た得点」

 先制点を決めた三原選手は試合後、「普段は頭で決めないが、勝ちたい気持ちが出た得点だった」と語った。

 U―17日本代表候補にも選ばれている山市秀翔選手(3年)は「セットプレーの強い相洋を無失点で抑えられてよかった。チームとして、立ち上がりをシンプルにやっていくことを意識した」と言い、「相手の雰囲気にさせないよう、常に叫んでいた」と話した。

 鈴木監督は中村俊輔選手(横浜FC)やイサカ・ゼイン選手(川崎フロンターレ)ら卒業生が練習場へ応援に駆けつけたことも明かした。「『今までやって来たことを追求していけ』という声かけをしてもらった」

 全国大会へ向け、三原選手は「チャンスメイクをするのが自分の特徴。パスでチームの得点に貢献したい。全国制覇に向け、いい準備をして臨みたい」と意気込む。山市選手は「(全国へ)行きたくても行けなかったチームの思いを組んで、神奈川の力を全国で示していけたら」と語る。

 全国大会の初戦は12月29日(水)、同競技場で西原(沖縄)と対戦する。

試合後の桐光サッカー部=県サッカー協会提供
試合後の桐光サッカー部=県サッカー協会提供

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

<PR>

麻生区版のトップニュース最新6

街中のSDGsを調査

区内小中学生

街中のSDGsを調査 教育

「推進隊」第2期が活動中

8月19日号

縁深い縄文土器づくり

区制40周年記念

縁深い縄文土器づくり 文化

10月 区民まつりで展示も

8月19日号

親子応援に25組協力

あさお子育てフェスタ

親子応援に25組協力 社会

9月 3年ぶり開催へ

8月12日号

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ

川崎の地酒

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ 社会

実行委、広い水田を検討

8月12日号

服交換で廃棄減へ

下麻生スタジオ

服交換で廃棄減へ コミュニティ社会

児童らがモデルに挑戦

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook