麻生区版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

バドミントン 強気プレーで県V 佐藤彩夏さん(上麻生在住高校2年)

スポーツ

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
練習に励む佐藤さん=提供
練習に励む佐藤さん=提供

 バドミントンクラブ「片平ブレイヴ」出身、上麻生在住の佐藤彩夏(さいか)さん(県立鵠沼高校2年)が11月7日、県立神奈川総合産業高校(相模原市)で行われたバドミントン県新人大会シングルスで優勝。関東大会への出場権を手にした。

 地区大会でも優勝し、はずみをつけて県大会に臨んだ佐藤さん。初戦から「決勝で自分のプレーをするため、色々な球を打って調整しながら慎重に進めた」と振り返る。

 順調に勝ち上がり、迎えた決勝。今まで負けた事のない相手と対戦した。返ってプレッシャーとなり、1セット目からリードを許すも、気持ちを切り替えて持ち味の強気のプレーで押し切り逆転。勢いそのままに県の頂点に輝いた。関東大会は12月28日・29日に埼玉県で行われる。「自分よりもレベルが上の人がほとんど。どれだけできるか、力を出し切りたい」と闘志を燃やしている。

 なお、11月21日に行われた県新人戦学校対抗でも活躍し優勝。全国大会を3月に控える。

幼き日の練習今に生きる

 佐藤さんがバドミントンを始めたのは片平ブレイヴ(山脇幸三代表)で小学5年生の時。練習に明け暮れ、勝てるようになると楽しくなり、率先してきつい練習に取り組んでいたという。「自分で考えて小学生からやっていたから、今も練習や試合展開を考えられる」と話す。目指すのはインターハイ出場だ。

麻生区版のローカルニュース最新6

町内会が初コンクール

ポイ捨て防止ポスター

町内会が初コンクール 社会

最優秀に柿生中・玉城さん

1月28日号

義経と弁慶が通った橋

記者まちかど探検

義経と弁慶が通った橋 文化

『鎌倉殿の13人』ゆかりの地〜前編

1月28日号

文化財守り、後世へ

文化財守り、後世へ 社会

白山神社で消防訓練

1月28日号

4カ月連続で減少

川崎市人口

4カ月連続で減少 社会

コロナ禍、転出増が一因

1月28日号

イベント中止・延期相次ぐ

イベント中止・延期相次ぐ 社会

コロナの感染拡大受け

1月28日号

講演会「認知症に備える」

講演会「認知症に備える」 社会

2月12日 麻生区市民館で

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

講演会「認知症に備える」

講演会「認知症に備える」

2月12日 麻生区市民館で

2月12日~2月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook