麻生区版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

SDGs推進隊 地図づくり大詰め 他都市への展開も視野に

コミュニティ社会

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
マップ作り中のメンバー=同団体提供
マップ作り中のメンバー=同団体提供

 区内小中学生が参加する「麻生区SDGs推進隊」が、SDGsの取り組みを表すマップ作りを進めている。来年1月に成果を発表予定。活動を主催する市民団体「あさおのSDGs」は、同様の活動を区外にも広げようと、法人化やHP作成のためクラウドファンディングを開始した。

 推進隊の活動は、ワークショップを通じ、子どもたちの目線で地域のSDGs(持続可能な開発目標)を学び、まちへの愛着醸成や、地域社会が持続する仕組みの理解と行動を促すのがねらい。今年度の麻生区市民提案型協働事業に採択され、7月から活動を開始した。推進隊のメンバーは、区内の小学4年から中学1年まで23人。

 今年度、主に取り組んでいるのが「麻生区SDGsマップ」の作成。区内でSDGsにつながる企業や団体などの取り組みを調査し、地図に落とし込み可視化する。情報を出し合い、実際に企業も訪問しながら、10月、11月で地図づくりを進めてきた。

 地図作成は、札幌市と静岡市がそれぞれ募集したSDGsのコンテストにもエントリーしている。

地図づくり、全国で

 主催の「あさおのSDGs」は今年「かわさきSDGsゴールドパーナー」に認定。同団体は2030年まで活動を継続するという。一方で、今井雄也代表は「一般社団法人化し、全国に活動を広げていきたい」と考える。「活動に広がりを持たせたいのと同時に、他都市でも、ローカルアクションツールとして同じような活動が広がれば」と話す。

 そこで、今後の運営資金を確保する目的で、クラウドファンディング(支援型の資金調達)を今月から開始。設定金額は40万円で、支援金は法人取得にかかる費用やホームページ作成費用などに充てる。期限は12月17日まで。(詳細はhttps://readyfor.jp/projects/asaonosdgs)。「区内の方に応援していただければ」と今井代表。

 年明け1月16日に、推進隊は「子どもSDGsフォーラム」を開催し、作成したマップなど活動の成果披露を行う。年度内に区内小中学校への配布も予定している。

麻生区版のトップニュース最新6

海洋汚染訴え全国特別賞

市立長沢中平野さん

海洋汚染訴え全国特別賞 教育

ポスターコンクールで

1月28日号

都市緑化フェア川崎で

市制100周年

都市緑化フェア川崎で 社会

正式決定 主会場に3大公園

1月28日号

文科大臣表彰を受賞

アンサンブル麻生

文科大臣表彰を受賞 社会

障害者の学習支援が評価

1月21日号

認知症対応の5店表彰

麻生区

認知症対応の5店表彰 社会

詳細を動画で公開

1月21日号

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

講演会「認知症に備える」

講演会「認知症に備える」

2月12日 麻生区市民館で

2月12日~2月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook