麻生区版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

「劇団わが町」団員で12月3日〜5日上演の「とんでもない大晦日」に出演する 山田 スミ子さん 白山在住 

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

”我が町”で演じ育む絆

 ○…10歳から81歳までが所属する市民劇団「劇団わが町」。発足時から参加し、女性団員の最高齢として「ママ」と呼ばれ団員に親しまれている。12月の公演で演じる「未来の神」は、強欲な主人公を諭し物語を動かす重要な役柄。稽古中は「まだまだ演技に満足できていないので、本番までは試行錯誤」。そう話す表情は晴れやかだ。

 ○…きっかけは、団員募集の新聞折り込み。「何気ない日常のすばらしさが描かれていて大好き」という米劇作家ワイルダーの『わが町』を、暮らすまちで上演すると知り「運命的な出会いだった」と振り返る。夫と一緒にオーディションを受け、10年近くいろいろな役を演じてきた。中でも金子みすゞの母を演じたことが強く印象に残る。観劇に訪れたみすゞの娘にあいさつすると、感動から強く抱きしめられた。「役をやらないとできない経験だった」

 ○…山口県出身。よく聞いていたラジオドラマの世界に憧れ、高校生のとき、地方のNHK放送劇団員に。演じることの原点だ。夫婦役を演じたこともある夫は転勤族で、「東京の家の鍵の引き渡し日に、仙台転勤が決まったこともあって」と今では笑い話になるほど。自宅で二人で稽古するときは「言い合うこともあるけど、忙しかった日々を取り戻せているようにも思えて」と温かいまなざしを向ける。

 ○…人生で最も長く暮らす麻生区。緑も多く住みやすいこのまちで「劇団わが町」に出会えたことが何よりも喜びだ。「劇団内でめでたいことも不幸なこともあったけど、その度にみんなで喜び、つらさは共感できる組織になった」。思いがあふれ涙がこぼれる。「いろいろなものを持ち寄り、一つのものを作り上げるのが演劇の醍醐味。日々味わえて幸せ」

麻生区版の人物風土記最新6

成澤 布美子さん

人形劇、児童劇などを公演する「あらら企画」代表の

成澤 布美子さん

高石在住 57歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

岡上在住 66歳

8月5日号

本多 夏萌(なつめ)さん

「あさお希望のシナリオ実行委員会」の副実行委員長を務める

本多 夏萌(なつめ)さん

向原在住 22歳

7月29日号

瀬戸 豊彦さん

川崎市文化財団理事長に、先月就任した

瀬戸 豊彦さん

市内在勤 63歳

7月22日号

伊藤 道子さん

「岡の上カフェ」の発起人の1人で、民生委員・児童委員を務める

伊藤 道子さん

岡上在住 69歳

7月15日号

飯野 優子さん

市民団体「麻生プレーパークを創る会」の代表を務める

飯野 優子さん

細山在住 48歳

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ競技「ボッチャ」を体験

パラ競技「ボッチャ」を体験

岡上こども文化センター

8月27日~8月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook