麻生区版 掲載号:2021年12月17日号 エリアトップへ

片平「櫻屋」 名物店、32年の歴史に幕 川崎Fと縁深く

経済

掲載号:2021年12月17日号

  • LINE
  • hatena
特徴的な看板の前に立つ松村さん
特徴的な看板の前に立つ松村さん

 片平にあるサッカーJ1・川崎フロンターレの練習場「麻生グラウンド」。目の前にある茅ぶき屋根が特徴のそば・うどん店「櫻屋」が12月19日(日)に閉店する。1989年に現在の店舗に移って32年。地域やフロンターレの選手たちからも愛された店の暖簾が惜しまれつつ下ろされる。

創業は戦後すぐ

 創業者で先代の故・会田一良さんが、戦後すぐに祐天寺(東京都目黒区)で食料品や乾物、菓子などの行商を始めた。「若くして戦争に出征し、食べるために始めたみたいです」と現社長の松村美枝子さん(76)。その後、渋谷で店舗を構え、商売は軌道に乗っていったという。当時、現店舗を別荘代わりとして、先代が店の従業員を連れて遊びに来ていた。渋谷の店舗が開発によって立ち退きに迫られ、その片平でそば・うどんの店を開くことに。松村さんは「先代が食べ歩いて研究し、自己流で始めたようです」と振り返る。

 総菜を好きなだけ食べられる「おばんざい」も人気で店の特徴となった。残っていた乾物を食べてもらおうと思ったことが原点だ。「お汁粉やコーヒーもサービスで出していました。駅から遠い場所だから、せっかく来てもらったからという思いがあったみたい。サービス精神旺盛で、お客さんが喜ぶ顔や中庭で一緒に話をすることが何よりうれしかったそうです」と松村さんは先代の思い出を語る。

昇格時にパーティー

 フロンターレの選手たちもよく食事に訪れていた。J2からJ1に昇格したときには、チームが店で昇格パーティーを開いたことも。「多くの選手が来てくれましたね。中村憲剛さんは家族で来てくれていました」。今でも、元監督や選手と交流も続けている。松村さんは「チームと一緒に店も歩んできましたから。今年も優勝してうれしいです」と笑顔で語る。

移転を視野に

 今年5月に会田さんが逝去。会田さんといとこだった母親が店を手伝っていた縁から、店を手伝い始めた松村さんが跡を継いだ。しばらく店を続けてきたが、会田さんの遺言に沿って店をたたむことに。「お客さんがさみしがってくれていて、本当にありがたいです。残念ですけどね」

 現在、店で働く竹田直仁さん(51)が中心となって、新店舗を構えることを模索中。武田さんは「長い歴史のある店の暖簾を残したくて。いつ、どこでになるかはまだ分かりません」と思いを語る。

 松村さんは「皆さんに長い間『櫻屋』を愛してもらって感謝しています。良い報告ができるように進めていきたい」と話している。

先代がよくお客さんと話していたという思い出の中庭
先代がよくお客さんと話していたという思い出の中庭

麻生区版のローカルニュース最新6

工作・体験楽しむ

工作・体験楽しむ 社会

「ぱうわう」に約150人来場

5月13日号

初心者向けZoom講座

初心者向けZoom講座 社会

5月23日 「支え合い」で

5月13日号

詐欺防止でお手柄

区内在住大学生

詐欺防止でお手柄 社会

麻生署が感謝状

5月13日号

風景や花の水彩画

風景や花の水彩画 文化

岡田ユキオさん作品展

5月13日号

ロボットと再出発の旅へ

ロボットと再出発の旅へ 文化

劇団四季 18日に川崎公演

5月13日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 経済

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約250種のバラ、可憐に

約250種のバラ、可憐に

「ローズオカガミ」22日まで

5月12日~5月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook